レイクALSAの審査では在籍確認が必要?どういう方法でやるの?

レイクALSAの審査では在籍確認が必要なの?

初めてレイクALSAを利用するときに大きな問題となるのが在籍確認でしょう。通常は職場にレイクALSAの担当者から電話で連絡があります。

 

このとき、同僚や上司に消費者金融業者を利用していることが発覚しないか心配になるところです。

 

 

レイクALSAが在籍確認を行うのはなぜ?

レイクALSAの特徴として電話連絡による在籍確認にこだわるという傾向があります。

 

勤務実態の把握という以上の意味を見出していると推測されます。

 

返済能力の確認が目的

レイクALSAが在籍確認をする理由は、申込者の返済能力の確認があると言われています。たとえば、在籍確認をした結果、実際には勤務先について嘘を申告していたら、その人は返済能力を偽ったことになります。

 

また、確かに就職はしていて会社に籍があったとしても、休職しているときにも申込者の返済能力は疑われても仕方ないでしょう。

 

電話連絡によって休職が明らかになった場合には、レイクALSAでは審査が否決される可能性が高いです。

 

申込者が「自分が職場にいるときに連絡して欲しい」と申し出たときには、レイクALSAではなるべく意に沿うようにしますが、電話に出た本人の様子に不審な点があるときには、審査は慎重になります。出入りしているだけの会社に籍があるように虚偽の職場を申告している可能性があるからです。

 

こういった様々な情報を得て、申込者に返済能力が確かにあることを確認するために在籍確認は行われます。

 

レイクALSAは電話連絡による確認にこだわりがある

申込者の就業環境によっては、まったく電話による連絡がないという仕事もあります。レイクALSAでは個人名で在籍確認をしますが、個人名での用件の分からない電話は取りつがない会社や職場も存在します。

 

水商売や遊戯場などでは、その人本名宛てで電話がかかってくることがむしろ怪しいという職業もあります。

 

大手の消費者金融業者でもアコムやプロミスなどでは、担当者に相談すれば電話連絡以外の在籍確認の方法を検討してくれます。

 

ただ、レイクALSAは電話連絡による在籍確認にこだわっています。どうしても仕方がないというケース以外では、職場へ電話して申込者の勤務実態があることを確認しようとします。明確な理由もなく在籍確認を避けようとするのは、レイクALSAの契約では不利になります。

 

保証会社として必須である

レイクALSAが電話連絡による在籍確認にこだわるのは、保証会社の新生ファイナンシャルの方針と推測されています。

 

保証会社は、借入した人が返済不能に陥った場合、代わりに返済する会社です。借金の保証人にあたる存在です。資金繰りでは連帯保証人を付けて、借入をした人と同様の返済義務を負ってもらうというやり方もあります。

 

本人が返済できなくなると連帯保証人に返済の請求が行きます。

 

レイクALSAなどの消費者金融業者では、キャッシングする際に連帯保証人を付けなくて良い代わりに保証会社にその役目を負ってもらいます。

 

新生ファイナンシャルのほうで、申込者の勤務実態をしっかり把握するようにという方針が固まっており、レイクALSAはそれに従っていると考えられます。

 

レイクALSAの在籍確認の方法は?

審査の最終段階で行われる

レイクALSAでは、審査の最終段階で在籍確認を行っています。申し込みでは、仮審査から本審査に移るときに本人確認書類を提出したり、希望限度額によっては収入証明書を提出したりしますが、それを参照しながら本審査して、残りは在籍確認のみという状態になってから職場への連絡をします。

 

職場に連絡が行くというのは申込者にとっては気分の良いものではありません。職場に連絡されて審査落ちしたのでは、申込者としては納得が行かないでしょう。そのため、レイクALSAではほとんど審査が終わった状態になってから在籍確認します。

 

スマートフォンで審査の進行状況をチェックできるようになっていますが、「在籍確認しています」という表示が出たら、ほとんど審査には通過したと言っていいでしょう。

 

基本は職場への電話連絡

在籍確認は基本的には「非通知の個人名」の電話連絡で行われます。担当者自身が本名を名乗って、申込者を呼び出してもらうというのが基本です。このとき、申込者がその場にいなくても電話に出た人が「本日は休ませていただいております」「外出しております」などと答えればクリアです。

 

非通知にするのは、電話に出られなかったときに、折り返し連絡をすることによってレイクALSAからの電話と発覚するのを防ぐためです。

 

非通知の電話を拒否するという会社の場合には、番号通知して電話をしてもらえます。表示される番号は、ネットで検索してもレイクALSAとは分からないような番号を選びます

 

この点でレイクALSAは非常に有能であることが知られています。

 

基本的なやり取り
本人がいるとき

「もしもし、○○(レイクALSAの担当者名)と申しますが、○○さん(申込者の名前)はご在社でしょうか」

 

「はい、お待ち下さい」

 

申込者「お電話変わりました」

 

「レイクALSAの○○と申します。この度は申し込みいただき、ありがとうございます。これにて在籍確認は完了させていただきます。審査の結果については後ほどご連絡を差し上げます」
このように非常に簡単なやり取りで済みます。

 

もし本人がいないとき

「ただいま○○(申込者)は席を外しております。折り返しご連絡を差し上げますが」

 

「承知いたしました。携帯電話のほうにかけてみます。失礼いたします」

 

本人がいなくても在籍確認を取ることが可能です。

 

審査落ちするパターン

「○○は休職しておりますが」「すでに退職しております」「そういった名前の社員はおりません」

 

こういった場合には融資は受けられません。正直に申告して在籍確認をしてもらって契約できるようにしましょう。

 

正社員ではない人には?

在籍確認の連絡は、申込者がどこに勤めているかによって変わります。正社員の場合には、所属している部署に連絡が来ますし、中小であれば代表電話に連絡が来ます。

 

派遣社員の場合ですが、所属している派遣元となる会社でも良いですし、派遣先でも勤務実態がつかめればそちらに掛かってきます。派遣社員は勤務先電話番号として派遣先の電話番号を申込時に記載すれば良いでしょう。

 

学生のアルバイトでも在籍確認は行われます。バイト先に連絡が来ますので、何かあったときの言い訳を考えておきましょう。「銀行の口座を作った」などが良いでしょう。

 

自営業の場合には、自宅にそのまま電話が来ます。注意したいのは自営業者で在宅ワークをしている人は、固定電話がないとレイクALSAと契約できないということです。

 

レイクALSAでは在籍確認の前に申込者に連絡をすることになっています。無断で突然電話を掛けるということはありません

 

プライバシーへの配慮

レイクALSAは在籍確認でプライバシーを最大限考慮してくれます。電話連絡では個人名で会社名は名乗りませんし、担当者の性別も指定できます

 

非通知の電話を時間指定で掛けてくれます。自分が必ずいる時間帯にして欲しいと希望すれば、おおよそ30分単位程度の指定は柔軟に対応してもらえます。

 

社名を名乗らない電話は取り次がないという方針の会社の場合には「新生ファイナンシャル」を名乗ることになっています。

 

同僚や上司に何ごとか尋ねられたら、新生銀行の口座を作ったなどの言い訳をしておきましょう。

 

レイクALSAでは在籍確認なしで利用は困難

必ず実施される

レイクALSAでは在籍確認なしで契約はできないと考えて良いでしょう。一部には在籍確認が省略されるケースもありますが、非常にまれです。

 

ネット情報では、レイクALSAでも在籍確認なしで済ませるなどと記載されていることもありますがが、信憑性は薄いです。

 

レイクALSAの場合には「在籍確認を電話連絡以外でやってほしい」と依頼しても基本的には認められません。公式サイトでも「申込者に返済できるだけの収入があるかどうかを確認するために、在籍確認を行う必要があり、なしで済ませることはできない」と記載されています。

 

どうしても職場への連絡などの在籍確認が不可能なときには、担当者に充分な説明をする必要があります。

 

非常にレアなケースですが、バイト先の喫茶店にレイクALSAの社員がわざわざやって来て在籍確認したという事例があります。

 

土日祝日に注意

申込者の職場が平日のみの稼働で、土日祝日に契約をしたいという場合には、在籍確認に注意しましょう。レイクALSAに休日に申し込みをすると、在籍確認が完了しないので審査が長引くことがあります。

 

こういったケースに備えて、レイクALSAでは土日祝日で在籍確認が困難であるとき、自動契約機で書類を提出することによって審査を通過させることがあります。ただし、この場合には別な日にレイクALSAの担当者から職場に連絡が来ます。

 

レイクALSAの担当者は「日付をずらして電話連絡によって在籍確認をやりたい」と言ってきます。通常の在籍確認の方法に徹底的にこだわる姿勢がレイクALSAにはあります。

 

保険会社を名乗るというデマ

ネットに出回っているレイクALSAの在籍確認に関するデマがあります。一部の噂になってものが広く出回ってしまった事例です。

 

「レイクALSAは在籍確認で保険会社を名乗る」というものです。

 

かつて、申込者の勤務先に連絡するときに保険会社を名乗る消費者金融業者が存在していました。これは実際には違法です。

 

レイクALSAは金融業者ですので保険会社を名乗ったら実態のない会社の名前を騙ったことになります。これは貸金業法としても禁止されている行為です。

 

また、連絡の際に個人名を名乗りますが、これは担当者の本名です。ここでも偽名を使うことは禁じられているからです。在籍確認の際に友人のフリをして偽名を使ってほしいと願い出ても聞き入れてもらえません。

 

レイクALSAの在籍確認で失敗するパターンとは?

レイクALSAは電話による在籍確認にこだわりますが、そのせいでいくつかの失敗事例が報告されています。正直に申告すれば何も問題はありません。

 

担当者に怪しまれるケースがある

レイクALSAでは審査の最終段階で申込者の職場に電話連絡をしますが、このタイミングで否決されることもあります。

 

たとえば「この時間帯は職場に誰もいない」と申告した時間に連絡したら電話に出る人がいたとか、大きな会社なのに連絡したら個人名で電話に出たなどのケースがあります。

 

こういったケースで担当者が不審に思った場合には、たとえ他の条件で審査に通っていても、最終的に否決されます。会社に連絡して、電話に出た様子が変だったという理由で否決されることもあります。

 

横柄な態度や汚い口調の人も、反社会的勢力と勘違いされて審査を否決されることがあるので注意しましょう。普通の社会人として接していれば問題は発生しません

 

アリバイ会社を利用する

在籍確認で失敗する事例として多いのが「アリバイ会社」を使うケースです。アリバイ会社は、数千円から数万円でその会社に勤務しているかのように見せかける工作をする会社です。偽装会社のひとつです。

 

これを利用するのは水商売の人が多いという報告があります。水商売では、そこに勤務していることを知られたくないという事情があるかもしれません。

 

ただ、アリバイ会社を利用するのは完全に法律違反です。詐欺未遂罪に相当します。レイクALSAだけでなく、大手の消費者金融業者ではアリバイ会社のリストを持っています。そこに該当する会社を勤務先とした時点で、審査は否決されます。正直に申告するようにしましょう。

 

自営業で固定電話がない

自営業者で固定電話がないとき、レイクALSAでは審査の対象になりません。公式サイトにも自営業者の場合には固定電話があることが条件と明確に記載されています。

 

自営業者で固定電話がないということは、自宅に電話を引いていないということです。そうなると、最悪で夜逃げされてしまう可能性があります。

 

そのため、レイクALSAでは自営業者のときには申し込みフォームで固定電話を入力するようになっており、携帯電話を入力しても申し込みが完了しないようになっています。固定電話なしの自営業者でも申し込みできるカードローンに申し込みましょう。

 

こういったところにもレイクALSAの審査の厳しさが現れています。

 

まとめ

レイクALSAは、電話連絡で在籍確認することにこだわりのある業者です。返済能力があるかどうかを最終的に勤務実態の把握によって確認していると考えられます。

 

ある程度申込者の事情に合わせてくれますので、担当者に相談しましょう。