プロミスの審査は甘いの?厳しいの?

プロミスの審査は甘い?それとも厳しい?

 

プロミスは大手の消費者金融業者であり、三井住友銀行グループの一因です。そのため審査は厳しいと思われがちですが、決してそういうことはありません。むしろ、個人属性の多少弱い人にも優しい傾向のある業者です。

 

 

プロミスの審査の通過条件とは?

プロミス

→ プロミスの申込はこちら

 

最低条件は5つ

プロミスの審査に通過できる最低限の条件は以下の5つです。

 

  1. 20歳以上69歳以下であること。
  2. 毎月最低でも2000円の返済ができる程度の収入があること。
  3. クレジットカード会社のキャッシング枠や他の消費者金融業者から年収の3分の1以上のお金を借りていないこと。
  4. これまでにプロミス関連、SMBCコンシューマー・ファイナンスに関連するところで金融事故を起こしていないこと。
  5. 金融のブラックリストに載っていないこと。

 

これは最低条件ではありますが、20歳から69歳までの人で安定した収入があって、他の業者からお金を借りていなくて、さらに金融機関で問題を起こしたことがないというのであれば、ほぼ確実に審査には通ります。

 

プロミスは大手の消費者金融業者ですが、審査に通るための条件はそれほどキツイものではありません。ただし、専業主婦の場合には「安定した収入がない」と判断されてプロミスとの契約はできません。主婦でも働いていて収入があるケースは別です。

 

SMBCコンシューマー・ファイナンスは、多くの銀行のカードローンの保証会社となっている会社です。そういったカードローンで問題を起こしたことがあるとき、ブラックリストに載っていなくても審査で否決されることがあります。

 

金融のブラックリストは自己破産や個人再生、債務整理などを指します。5年から10年の間はプロミスだけでなく他の金融機関から借入をすることはできない状態です。

 

こういった問題を起こしたことがなく、プロミスと契約して借入しても毎月の返済ができる能力があると判断されれば、充分に審査に通過できます。

 

毎月の安定収入

重視されるのは、返済できる能力があるかどうかです。最低でも毎月2000円が返済できるかどうかです。この基準から分かるように、高い収入は必要ありません。

 

正社員でなければならないということもなく、派遣社員でも契約社員でも大丈夫ですし、パートやアルバイトでも可能です。毎月確実に返済できるという1点にかかっていると言ってもいいでしょう。

 

しっかりとした生活基盤があって、収入を得る手段を持っているなら、収入が低くても審査の通過そのものには影響しません。

 

無職や失業中という場合には難しいですが、たとえ月収が5万円であっても実家住まいであるとか、配偶者に安定した収入があって生活を脅かさせることがないということであれば審査は通ります。

 

安定収入は、継続的に1ヶ所から給与が支払われることを意味します。個人事業主であれば、その事業による収入が1ヶ月に1回以上支払われるとき「安定している」とみなされます。

 

不利な条件

他社借入

すでに他社から借入しているときには、それだけで審査は不利になります。同じ給与をもらっていても、他の業者から借入があればその分、プロミスの返済に回るお金も少なくなります。そのため、充分な収入があるのにすでに2社以上から借入しているなら、プロミスの審査はぐっと厳しくなります。

 

収入が不安定

収入が不安定であるときにも、審査は不利になります。少額の融資でいいというなら話は別ですが、毎月の収入が一定していないときには審査は慎重になります。同じ年収でも、会社員よりも個人事業主のほうが審査では不利です。

 

延滞履歴がある

クレジットカードや携帯電話の料金、その他のローンの支払いを5年以内に2ヶ月以上滞納したことがあるとき、プロミスの審査にはほとんど通らなくなります。返済期日の翌日から数えて61日目までに返済していないとき、これを「長期延滞」と呼びます。

 

長期延滞は個人信用情報機関に登録され、プロミスは審査のときに閲覧できるので発覚します。未払いの状態が61日以上続く長期延滞は、返済能力のない人、信頼できない人とみなされて、審査の通過は厳しくなります。

 

短期間の複数申し込み

短期間のうちに複数のカードローンに申し込みをすると、審査では不利になります。審査する側からすると、「よほどお金に困っているようだ」と判断されて、審査通過を厳しくします。この状態を申し込みブラックと呼びます。

 

本人は「数撃ちゃ当たる」と思って複数の業者にあたってみたという感覚かもしれませんが、金融機関としては要注意人物という扱いになってしまいます。一般的には「1ヶ月の間に4件の申し込み」があった時点で申し込みブラックです。

 

これも個人信用情報機関に登録されます。その複数社の審査に通ったかどうかは関係ありません。申し込みをしたという事実が問題視されます。申し込みブラック状態は6ヶ月すると解消されます。最後の申し込みから6ヶ月が経ったところで再び申し込むようにしましょう。

 

勤続半年以内

プロミスを含む少額のへの申し込みでは、勤続年数が長いほど有利です。逆にあまり短いと審査の通過率が減ります。勤続年数は、同じ会社に勤務を続けている年数で、個人事業主なら営業年数がこれにあたります。

 

できれば半年以上は欲しいところです。ただ、これは絶対的なものではなく、転職して1ヶ月程度で審査に通ったという事例も報告されています。

 

審査される項目

 

プロミスの審査はまず、個人の属性を数値化する「スコアリング審査」です。以下の条件で点数が高い順に並べてみましょう。

 

年齢

23歳~65歳>20歳~22歳・65歳~69歳

 

年齢で言うと、若すぎるとき、また高齢になりすぎているとき審査では不利になります。

 

職業

正社員・公務員>派遣社員・契約社員>パート・アルバイト=個人事業主・自営業

 

専業主婦や無職では審査には通りません。また、個人事業主や自営業はどうしても収入が不安定とみなされてしまいます。無職や失業中、また休暇中にも審査には通らないので注意しましょう。

 

年収

200万円以上>100万円~200万円>100万円未満

 

年収のひとつのハードルは100万円です。100万円以上あれば、年収という要素だけで審査が厳しくなることはありません。200万円以上あれば年収面では問題なしとされます。

 

当然、多ければそれだけスコアリングでは高い数値が出ます。

 

他社からの借入件数・借入総額

なし>年収の4分の1以下・件数2件以内>件数3件

 

借入件数はないのが最も良く、件数が増えるたびにスコアは低く出ます。限度は3件までとされており、プロミスが4件目のときには審査にはほぼ通過できなくなります。

 

勤続年数

1年以上>半年~1年>半年未満

 

勤続年数は1年以上あるのが望ましいでしょう。3年以上、5年以上でそれぞれスコアが高くなります。半年未満でも審査に通ったという事例がありますが、それは他の個人属性で良かったという場合です。

 

金融業の利用履歴

金融業の利用履歴は、実は「まったくない」よりも「利用したことがある」ほうが有利です。延滞や遅延なく返済したことがあれば、実績として評価されます。特に何かのローンを完済したことがあるときには高く評価されます。

 

現在利用しているローンがあれば、それをしっかり毎回遅れずに返済しているとき、評価は高くなります。

 

プロミスの審査の流れ

自動契約機を使うと

プロミスに申し込みするには、自動契約機を使うのが最も簡単で時間もかかりません。確実に申し込み当日に融資を受けたいのであれば、この方法がおすすめです。

 

おおよその流れは以下のようになります。
  1. 公式のホームページから申し込む。
  2. 「カンタン入力」または「派遣社員」の場合には折返し連絡がある。:書類での在籍確認を希望するときには、この時点で相談。
  3. 審査(在籍確認あり)
  4. 電話またはメールで審査通過の連絡。
  5. 必要書類を持って自動契約機に行く。
  6. 契約手続きとカード発行。

 

申し込みは良くあるスタイルです。他の業者とあまり変わりません。基本的には、このようにインターネットで申し込みして、その後で自動契約機に行くというのが最もスムーズです。

 

何としても今日中にお金を借りたいというときには、早めに動きましょう。自動契約機で申し込みから審査、契約まですべて済ませることもできます。

 

インターネットで完結できる

プロミスの申し込みではインターネットですべて完結させることも可能です。カードを発行しないスタイルでの契約も可能ですので、同居の家族には内緒にしたいが、契約機に行ったりするのは面倒というときにおすすめです。

 

  1. 公式のホームページから申し込む。
  2. 「カンタン入力」または「派遣社員」の場合には折返し連絡がある。:書類での在籍確認を希望するときには、この時点で相談。
  3. 審査(在籍確認あり)
  4. 電話またはメールで審査通過の連絡。
  5. 必要書類を携帯電話・スマートフォンで撮影してアップロード。
  6. 契約手続き。
  7. 口座に振込で融資。

 

便利なようですが、ローンカードが発行されないので、ATMの利用ができません。コンビニATMなどを使って気軽に借入・返済できないのは不自由かもしれません。そういった場合には、急ぎのとき、特に初回の借入だけ銀行振込にしてもらって、後からカードを郵送または自動契約機で発行という方法も採れます。

 

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば営業時間外でも24時間365日振込で融資が可能です。振込の依頼から1分程度で口座に反映されます。

 

 

プロミス
→ プロミスのインターネット申込はこちら

 

必要書類

審査に通過すると、契約のために書類の提出を求められます。

  • 利用者すべてに共通→運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれか1点。

 

健康保険証の場合には、さらに住民票の写しか年金手帳などの補助的な書類が必要。

  • 本人確認書類に記載の住所と現住所が異なるとき→税金の領収書・納税証明書・公共料金の領収書・住民票の写し・住民票の記載事項証明書のうち、いずれか1点を提出。
  • プロミスから要請があったとき→収入証明書

 

収入証明書は、貸金業法として「1社につき50万円以上の利用限度額を希望するとき、または複数社の借入額の合計が100万円を超えるとき」に提出が必要になります。これ以外にも、プロミスのほうで確認しておきたいとするときには、提出の必要があります。

 

審査の内容次第ですので、いつでも提出できるようにしておきましょう。給与所得者なら源泉徴収票か直近2ヶ月の給与明細書。自営業者なら確定申告書になります。

 

勤務先を確認できる書類が必要なとき

プロミスでは、審査のときに職場に担当者が直接電話で連絡して勤務実態があるかどうかを確認する「在籍確認」が実施されます。

 

たとえば会社が休みであるとき、または申込者に事情があるときなどには、勤務先を確認できる書類が必要になるときがあります。

 

実際にプロミスで契約した人の口コミ情報によると、本人確認書類以外の書類の提出を求められたというケースは多くあります。勤務先を確認できる書類としても最も良く使われるのが、正社員が持っている社会保険証です。

 

また、給与明細書でも通ることがあります。在籍確認は失敗することも多くあるため、勤務先を証明するために、こういった書類も出せるようにしておくと良いでしょう。

 

会社員なら社会保険証、公務員は組合保険証、また給与明細書、源泉徴収票などは、プロミスの申し込みでは一応、手元にある状態にしておきたいところです。いざというときにさっと出せないと審査が滞ることがあります。

 

自営業者・個人事業主は?

プロミスでは、自営業者や個人事業主への在籍確認は、「原則的に営業している場所の固定電話」へ内容を確認する電話をすることで行われます。もし固定電話がなければ携帯電話かスマートフォンに内容確認の連絡をします。

 

固定電話を持っていない個人事業主の場合、本人確認書類だけを見ても無職の人と区別できません。そのため、個人事業主が申し込みをするときには、ほとんどの場合で借入希望額にかかわらず事業の実態を証明できる書類の提示を求められます。

 

具体的には確定申告書です。

 

固定電話があったとしても、自営業者や個人事業主は給与所得者に比較して書類の捏造が容易であるため、また収入の安定性に欠けると判断されるため、提出書類が増えやすい傾向があります。確定申告書を税務署に提出するときに「控え」をもらわないという人もいますが、それではなかなか審査には通してもらえません。

 

申告書の控えはすぐに出せるようにしておきましょう。もし控えがないという場合には、他に請求書などを提出して済ませることも可能です。

 

在籍確認の電話は必須?

プロミスの審査では、在籍確認はほぼ必須です。近年では在籍確認なしでも契約できるという業者もありますが、かなり条件は厳しくなっており、プロミスでは基本的に職場へ担当者が直接電話を掛けることになっています。

 

申し込みの直後に内容確認のためにプロミスから連絡があります。このとき、希望を伝えることで「書類による在籍確認」を受け付けてもらえる可能性もありますが、「どうしてダメなのか」明確な理由が必要です。

 

あまりに頑固に在籍確認を拒否するとかえって疑われますので、できるだけ在籍確認の電話をしてもらうようにしましょう。書類を使った在籍確認では、社会保険証や給与明細書などを提示する必要があります。

 

プロミスの審査難易度をチェック

個人属性の弱い人も通過している

プロミスに申し込みたいが、自分の給料で大丈夫だろうかとか、正社員ではないかだダメだろうとか、色々考えるところが多い人もいるでしょう。実際には、プロミスは審査は割と柔軟なほうで、経済力のあまり高くない人でも審査には通っています。審査の難易度は決して高くありません。

 

クレジットカードや携帯電話の料金未納があったり、他社の借入を滞納していたりするケースを別にすれば、期待は持てます。

 

主なユーザー層の分析
金融機関 利用者平均年収 年収200万円未満 パート・アルバイト
プロミス 326万円 20% 24%
みずほ銀行 386万円 12% 8%

 

通販サイトの調査結果です。これを見ると、プロミスはみずほ銀行のカードローンのユーザーに比較すると、200万円未満の人が多いですし、パート・アルバイトの割合も高く出ています。パート・アルバイトの割合が24%ということは、およそ4人に1人はそういった収入で暮らしている人ということになります。

 

パートやアルバイトで、かつ年収が200万円未満の人も多いことが推測されます。ここから、プロミスの審査自体に返済能力は大きく関与しないことが分かるでしょう。

 

ギリギリで審査を通過している人も多いと考えられますが、「毎月少額でも返済できる能力」だけあればプロミスの審査はそれほど難易度が高くないと推測できます。

 

高めの利用限度額の設定にできる

プロミスを利用するうえで、どの程度借りることができるかも心配になるところです。同様のサイトの調査によると、銀行系には遠く及ばないものの、トータルで見るとプロミスは他業者に比較しても大きな額を借りやすいという結果が出ています。

 

年収がそれなりに高ければ限度額も大きくしやすいということを意味します。

 

年収と借入額の関係
借入額/年収 200万円未満 200~400万円 400~600万円 600万円以上
5万円未満 7% 9% 1%
5万円~10万円 9% 30% 2% 1%
10万円~30万円 2% 11% 2%
30万円~50万円 2% 11% 6%

 

最も多いのは、「年収が200~400万円で、プロミスから10万円以下を借りている人」です。この利用者層は30万円・50万円までを借りている人も多くいます。

 

貸金業法のうえでは、1社から50万円を超える借入をするときには収入証明書の提示が必要ですが、それ以下の借入をしている人が多く、しかもそういった人たちの年収はそれほど高くありません。

 

プロミスは高めの利用限度額の設定にしやすいと言えるでしょう。

 

有人店舗だと有利?

審査が心配なら、店頭で申し込むのが良いと言われています。無人契約機ではなく、有人店舗窓口です。これは対面で申し込みをするため、機械だけに頼らない審査をしてくれる可能性があるからです。申込者の状況を元に、ある程度の融通を効かせてくれることが期待できます。

 

返済能力そのものがなければ審査には通りませんが、申込者個人の事情を踏まえたうえで審査してくれます。何らかの事情によって信用情報には問題があるが、返済能力は充分にあるといったときに、有人店舗で申し込みしてみるのもいいでしょう。

 

ネットには、信用情報に問題があったが、プロミスで借りることができたという報告が多数挙がっています。

 

これには一定の信頼が置けます。というのも、もしそういった事実が虚偽であるなら金融庁から指摘が入るはずなのに、一向に消されることがないからです。多少の問題があって申し込みがしにくという人は、有人店舗に行って相談してみると良いでしょう。

 

意外な人の通過事例がある

プロミスは、「信用情報に問題があったのに審査に通過できた」という事例が多数報告されている業者のひとつです。中小の業者には数多くそういったところがありますが、プロミスは三井住友銀行グループの大手です。

 

何も問題のある人にわざわざ貸す必要もないと考えられますが、それでも意外な人に審査通過実績があるのも確かです。なかには、自分のネガティブな個人情報を出して報告している人もいます。大手は「完全にブラックはNG」とも言い切れない事情があるのは確かでしょう。

 

ただし、これは申込者に確かな返済能力があることが証明できているか、またはブラック状態になってから相当の年月が経っているか、特殊な事情があると推測されます。金融庁は、個人情報機関にネガティブな情報のある人に貸し出しするのは決して推奨していません。

 

近年では銀行の過剰融資が大きな問題となっており、個人向け融資は審査が厳しくなっているという事情もあります。そのため、自己破産してすぐ借りられるということはないと考えられますし、他社でのローン返済が延滞している最中といった場合にもプロミスの審査には通りにくいでしょう。

 

審査では誠実に

もし、あまり審査に自信がなく、それでもプロミスを利用しようとするなら、審査の過程で担当者に「どうしてお金が必要なのか」「現在の仕事の状況はどうか」などと尋ねられたときに真摯に対応しましょう。プロミスは「なるべく貸す」という方向性です。

 

収入や経済状況にかかわない柔軟な審査をしてくれるのが、民間の業者のメリットです。

 

たとえば、個人再生なら3年ですべての債務は返済し終わっています。ただし、信用情報機関にはまだネガティブな情報が残っています。こういったときにお金が必要になって申し込みをしたら、審査では簡単に否決される可能性のほうが大きいですが、担当者にどうしても借りたいという事情を話してみると、少額なら融資してもらえる可能性があります。

 

いわゆる「温情融資」と言われるもので、ある程度ですが担当者の判断ひとつで貸してくれることがあります。そういったときにも、質問されたことに正直に答えましょう。今後の返済は遅れることなくきっちりやっていくという意志も伝えておきましょう。

 

まとめ

プロミスは大手ですが、審査はそれほど厳しくありません。あまり収入のない人にも貸しています。もし何らかの事情があるときには、真摯に対応しましょう。

 

プロミス
→ プロミスの申込はこちら

プロミスの審査は甘いの?厳しいの?記事一覧

プロミスの利用では、常に残高照会をしておきましょう。どのくらい借りているのか、いつ頃までに完済できるのかといった返済計画にもかかわりますし、最低返済額にも大きくかかわっているからです。プロミスでは最終借入の残高で返済額が決まるプロミス独特の返済額の決定方法プロミスでは「残高スライド元利定額返済方式」という独特の返済方式を採用しています。これは「最後に借入したときの残高によって最低返済額が決まり、そ...

プロミスの公式ホームページには「3秒診断」という簡易チェックがあります。これは仮審査とも呼べるものですが、どの程度の精度があるのか知りたいという人も多いでしょう。3秒診断の目的や本審査との違い、その後の流れなどを知っておくことは無駄にはなりません。プロミスの3秒診断は何のためにあるの?入力内容はたったの3つプロミスの3秒審査の内容は次の3項目を入力するだけの非常に簡単なものです。生年月日年収(税込...

プロミスは毎月の返済額が低めに設定されています。その分、返済期間も延びる傾向があるので注意しましょう。また、「今月の支払いが厳しい」などといった相談にも乗ってくれやすい業者です。プロミスの返済に関する基本知識毎月の返済額プロミスの返済で困るのは、最低返済額が他社のローン商品に比較して不規則的で分かりにくいという点が挙げられます。独特の計算式を用いた方法のため、利用残高が増えているのに最低返済額が低...

プロミスとレイクALSAには銀行の傘下という共通点がありますが、サービス内容や使い勝手などの面で違いがあります。三井住友銀行の傘下であるプロミスには、銀行への振込キャッシングに強いという特徴があり、また月々の最低返済額がレイクALSAよりも低めの設定となっています。プロミスとレイクALSAの共通点は意外に多いプロミスもレイクALSAも同じ「消費者金融」という業態の会社です。個人向けの融資を中心とし...

プロミスで借入では時間的な余裕を持って申し込みましょう。必要なのは本人確認書類です。実際にお金を引き出すにあたっても、4つの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。プロミスの借入の申し込みのコツ必要書類を確認本人確認書類プロミスに借入の申し込みをする際に、絶対に必要なのが本人確認書類です。以下のいずれか1点を用意しましょう。運転免許証パスポート健康保険証+住民票など保険証で本人確認と...

プロミスは2017年10月に「アプリローン」という新しいサービスを投入しています。スマホアプリを使った機能によって、申し込みから最短1時間程度で融資を受けることができ、郵送物なしのカードレスで借入・返済が可能です。プロミスのアプリローンとは?通常のWeb完結との共通点プロミスのアプリローンは使いやすいアプリとして電車の車内広告などでも盛んに宣伝されていますが、今までも「カードなし」「郵送物なし」「...

プロミスは三井住友銀行グループでもあることから、三井住友銀行のATMを使って手数料無料で借入・返済が便利です。また、自社ATMも全国に多数設置されていて、高い利便性を提供しています。プロミスのATM・基本的な知識ATMごとの手数料と営業時間プロミスは自社ATMの他、提携銀行ATM、提携コンビニATMなど数多くのATMを利用することができますが、それぞれに営業時間や手数料などが異なるので確認しておき...