レイクALSAのおまとめローンのメリットとデメリットは?

レイクALSAのおまとめローンのメリットとデメリット

 

「おまとめローン」とは、複数の業者や金融機関にまたがって借入している借金を一本化するローン商品です。

 

借入件数が3件超で、「借りたお金で返済をする」という多重債務状態に陥ったときに利用するのが一般的です。

 

 

レイクALSAにもおまとめローンはあるのか?

「おまとめローン」は東京スター銀行などの地方銀行の商品が有名ですが、レイクALSAにもおまとめローンがあります

 

「レイクALSA完済応援プラン」がある

レイクALSA完済応援プランは、新生ファイナンシャル会社が提供するローンで、複数から借入しているローンを1つにまとめるためのローンです。

 

消費者金融は便利ですが、借りすぎてしまうことも多くあります。3社から借入しているとき、返済日も毎月3回やってきますし、利息も年率18%程度かかるため、借金の返済に追われてしまいます

 

そういったときに便利なのが「おまとめローン」で、金利も低くなって返済日も月に1回で済みます。毎月の返済額の負担が減るので借りすぎで生活に支障が出ている人は利用すると良いでしょう。

 

収入に比較して借金の返済額が多いとき、生活そのものが破綻してしまうこともあります。個人再生や自己破産などに至る前にレイクALSA完済応援プランなどのローンの検討を始めましょう。信用情報に傷がつくことなく完済することができます。

 

総量規制の対象外

レイクALSAは新生ファイナンシャル会社が運営する消費者金融業者です。従来は新生銀行が運営していましたが、新生銀行の傘下に入る前の旧レイクと同様の消費者金融業者として、2018年に新しい会社を立ち上げています。

 

消費者金融業者の利用で注意したいのは総量規制です。年収の3分の1以上の貸出はしてはならないとする法律で、かなり厳格に適用されています。

 

レイクALSAも消費者金融業者ですので、当然この規制の対象のはずですが、「おまとめローン」は総量規制の対象外です。

 

というのも、おまとめローンは多重債務の解決方法として非常に優れているためです。おまとめローンは、利用者にとっては「返済が楽になって、しかも金利も下がり、総返済額が減る」ローンです。

 

総量規制の例外条項として「顧客に一方的に有利となる借り換え」という項目があります。借りる側にしかメリットがないローンについては総量規制の範囲を越えて借りても良いとする条項です。

 

そのため、消費者金融業者であるレイクALSAの「完済応援プラン」でも、総量規制を超えた借入が可能になっています。

 

おまとめローンの特徴

レイクALSAの完済応援プランは、他のおまとめローンと同様に返済のみの商品です。ここから借入することはできません。「貸金業法に基づく借り換え商品」という扱いで、他の業者の借入金の借り換えだけに利用できる商品となっています。

 

また、住宅ローンやマイカーローンなどの銀行のローン商品への返済はできないので注意しましょう。

 

対象となるのは消費者金融業者やクレジットカードのキャッシングによる借入です。契約した後は、利用者が自分で他業者への返済をするのではなく、レイクALSAが業者へ返済を行うことになっています。

 

利用者は、完済したい業者に連絡して、完済する日を指定して利息を計算してもらって完済総額を確認しておきます。それをレイクALSAに連絡して振込を代行してもらうという流れになります。

 

おまとめローンの特徴として、融資を自分が受けるのではないという点が挙げられます。レイクALSAから業者へ振込してもらうのがおまとめローンです。

 

レイクALSAのおまとめローンの特徴

レイクALSAが提供する完済応援プランというおまとめローンでは、年収の3分の1以上を借入できるだけでなく、金利の面でも有利です。

 

返済期間を定める必要があるので良く検討してから申込しましょう。

 

「完済応援プラン」の概要

  • 融資額 300万円まで
  • 貸付利率 年率13.0%~17.0%
  • 申込条件 レイクALSAと契約のある人で安定した収入があること(パートやアルバイトの人は申込不可)
  • 返済方式 元利定額リボルビング方式(利息を含めた一定額を毎月返済する)
  • 返済期間 最長8年(96回まで)
  • 担保や保証人は不要
  • 申込方法 電話連絡
  • 契約方法 自動契約機

 

電話でコールセンターに連絡して「おまとめローンを利用したい」と申告して、自動契約機で手続きをします。レイクALSAに実店舗はないので、店頭手続きという方法はありません。

 

契約には本人確認書類の他、直近の収入を証明する書類が必要になります。源泉徴収票か給与明細書が必要です。

 

こんな人におすすめ

レイクALSAが提供する完済応援プランは、複数社にまたがる借入を一本化して完済することを目的としたローン商品です。

 

すでに新生ファイナンシャルを利用している人や、今よりも金利を安くしたいと考えている人におすすめです。

 

今以上に借金することが不可能で、すでに返済が生活を圧迫している人は検討する価値があります。毎月の返済の負担を軽減したいと考えている場合や、借金を完済したい人におすすめできるローンです。

 

また、レイクALSAのおまとめローンは店頭に出向く必要がありません。多くの地方銀行で取り扱いがありますが、通常は店舗での契約です。

 

レイクALSAは店頭ではなく、自動契約機で契約できるのでスピーディですし、便利です。他社への返済も代行してくれるので、自分で金融機関を回って返済するのが面倒な人にもおすすめです。

 

こんな人にはおすすめできない

レイクALSAの完済応援プランは、パートやアルバイトの人には利用できません。ほとんど正社員限定と言っていいでしょう。

 

パートやアルバイトで借金が生活を圧迫している人は、それぞれの金融機関に連絡して、その業者が提供している利息軽減プランなどを利用しましょう。

 

すでに延滞や遅延などによって信用情報が悪化している人にもおすすめできません。カードの利用停止になっている人は、審査にも通過できません。法的な措置を採って個人再生などの債務整理をしましょう。

 

また、このローンは新生ファイナンシャルとの契約関係がすでにある人が対象です。今までレイクALSAを利用していない人が申し込むことはできません。完済を目的としたローンであるため、総量規制を超えて借入できますが追加の借入はできません。

 

借入もできるおまとめローンを提供している業者や銀行もありますが、レイクALSAの商品では追加融資はしてもらえないので注意しましょう。

 

申し込みから融資まで

レイクALSAの完済応援プランに申し込むには、まず平日の午前9時から午後6時までの間にフリーダイヤルに電話連絡します。

 

自動音声案内から「オペレーターを希望」を選択すると、オペレーターにつながりますので、「完済応援プランを利用したい」と告知しましょう。

 

すると、利用している他の業者の会社名や利用残高、利率や毎月の返済額などを詳細に訊かれます。事前にすべて調べておいてスムーズに答えられるようにしておきましょう

 

審査はすぐに実施されます。審査に通過すると、融資額や金利、毎月の返済額を教えてもらえます。すべて自宅からの連絡で済みます。条件等に納得できたら契約を進めることになります。

 

契約手続きは自動契約機で行います。契約機は午後9時まで営業していますので、申し込んで当日すぐに契約することも可能です。

 

融資は新生ファイナンシャルが借入先に直接返済するので、いちいち金融機関を自分で回って完済証明書を発行してもらうという手間が要りません。

 

審査に通過するには

レイクALSAの通常のカードローンは他の大手消費者金融業者に比較して、審査が若干厳し目です。審査通過率もプロミスやアコムよりも低い傾向があります。

 

そのレイクALSAが提供しているおまとめローンの「完済応援プラン」は、すでにレイクALSAのユーザーが対象です。その意味ではすでに審査情報はチェックが済んでいますし、レイクALSAでの借入や返済状況も審査に反映します。

 

結果的には、遅延や延滞がそれほど多くなければ審査はあまり厳しくないと言っていいでしょう。審査では個人信用情報に登録された内容を照会して、返済履歴に問題がなければ、収入や他社の借入状況、返済期間などのトータルな情報から判断されます。

 

仮審査で通過できる人はほとんどが借入可能という情報も寄せられています。

 

レイクALSAのおまとめローンのメリット

他社の借入を自動的に返済

レイクALSAの完済応援プランのメリットは、他社への借入の返済を自動的に行ってくれる点です。通常のおまとめローンでは、審査に通過した後の他社返済は自分でひとつずつ行って、さらに完済証明書を発行してもらって提出する必要があります。

 

レイクALSAのプランでは他社返済を代行してくれますので、そういった手間が省けますし、返済途中で他の用途で使ってしまって契約違反になるリスクも防げます。

 

金利も13.0%から17.0%となっていて、返済期間が最長8年ですので毎月の返済額は、利用前よりも減らすことができる可能性が高いです。

 

電話と自動契約機の利用だけで、他社への返済も一気に行ってくれるおまとめローンは非常に珍しく、この点で高く評価できるでしょう。

 

債務の一本化

通常、複数の消費者金融業者から融資されている多重債務者は新しい貸金契約を結ぶことは困難です。法律では5社から融資されていると多重債務者ですが、通常は3社から融資を受けていたら、もう他の金融機関からの融資契約を取り付けるのは非常に難しいです。

 

また、延滞が多い人や複数のキャッシング枠がいっぱいの人にも、新たな融資はできないと判断されるでしょう。こういった人は、毎月何度も返済日がやってきます。借りては返して、また借りるという生活では仕事や日常生活にも支障が出ます。

 

レイクALSAの完済応援プランを利用すれば、こういった心配から解放されます。年収の3分の1以上の借入も可能なので、返済は一気に楽になります。返済日は毎月1回だけですので、そこだけ守っていれば自己破産や債務整理などのお世話になることもありません。

 

即日融資に対応している

レイクALSAの完済応援プランの最大のメリットは、最短で即日審査、即日融資という点でしょう。書類を郵送する手間も必要ありません。

 

おまとめローンは多くの地方銀行が提供しており、おまとめローン専門の銀行のようになっているところもありますが、審査には時間がかかりますし、審査通過率も高くありません。

 

おまとめローンを利用するということは、すでに時間的な余裕もないはずです。そのようなときに、審査で待たされた挙げ句に否決されてしまっては切迫した状況に追い込まれます。

 

レイクALSAは消費者金融業者ですので銀行に比較して金利は高いですが、その分スピードが早いというメリットがあります。まずは多重債務状態から脱出して生活の再建を図るにはうってつけのプランと言えるでしょう。

 

レイクALSAのおまとめローンのデメリット

金利が高め

レイクALSAの完済応援プランのメリットは審査がスピーディである点などがありますが、その分、金利は高めというデメリットがあります。

 

審査に時間はかかるものの地方銀行が提供しているおまとめローンは金利が低い傾向があります。

 

  • 横浜銀行カードローン 年率1.9%~14.6%
  • 京都銀行フリーローン 年率3.675%~13.675%
  • 東京スター銀行乗り換えローン 年率12.5%

また、ネット銀行には非常に低い金利のおまとめローンがあります。

 

  • 住信SBIネット銀行ミスターカードローン 0.99%~7.99%
  • じぶん銀行カードローン 1.7%~12.5%

レイクALSAの完済応援プランは年率13.0%~17.0%を適用するため、この点はデメリットと言えるでしょう。審査の早さなどと併せて良く検討しましょう。

 

総返済額が増える可能性がある

おまとめローンの大きなメリットは返済先が1つになるという点ですが、その分だけ返済期間が延びる傾向があるので契約の際には注意しましょう。

 

返済期間が長ければ長いほど最終的な総返済額は大きくなります。通常の借入から金利が安くなるので、それに釣られて返済期間を長く設定してしまいがちです。

 

たとえば、100万円の借入をしたとき、金利が年率18%のときには返済期間36ヶ月とすると総返済額は130万1468円となりますが、金利が15%に下がったとしても返済期間を48ヶ月に設定すると総返済額は133万5856円と高くなってしまいます

 

借り換えローンやおまとめローンは、金利が低くなることによって毎月の返済の負担が減ることがメリットですので、返済期間を伸ばしてしまっては、そのメリットが失われてしまいます。レイクALSAのおまとめローンを利用するうえでも充分に検討したうえで利用しましょう。

 

全額借り換えできないことがある

レイクALSAのおまとめローンでは、希望する借入額が全額契約できるとは限りません。希望額が100万円であっても、審査によって50万円なら融資可能と回答が返ってくる可能性があります。

 

レイクALSAは新生ファイナンシャルが保証会社です。保証会社が申込者の審査を行い、融資額を決定します。このとき、申込者の借入や返済の状況によっては希望の融資額が下りないケースも考えられます。

 

おまとめローンには金利が下がるという他に、借金の返済先を一本化できるというメリットがあります。全額を借り換えできなければ、大きなメリットを失うことになります。希望額を全額借入できないと判断された場合には、自分の状況を見極めて利用するかしないか決定しましょう。

 

銀行からのローンはおまとめローンが使えない

レイクALSAのおまとめローンの検討で見過ごされがりですが、重要なものとして「レイクALSAからの借入実績がないと利用できない」ことと、「銀行のローンには利用不可」という2点があります。

 

まったくレイクALSAとの取引がない人が利用することはできません。

 

また、住宅ローンやマイカーローンを含む銀行のローンの返済には利用できないので注意しましょう。

 

返済先として利用できるのはレイクALSAを含む消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠による借入です。ショッピング枠での借入には適用できません。

 

レイクALSAからの借入がなく、銀行からの借入などがあったりする場合には、銀行が提供するおまとめ専用のローンに申し込むほうが良いでしょう。

 

レイクALSAのおまとめローンの審査は厳しい?

保証会社が審査する

レイクALSAのおまとめローンを審査するのは、新生銀行の子会社「新生ファイナンシャル」です。新生ファイナンシャルでは、CICなどの指定信用情報機関に個人情報を照会して内容を確認します。

 

このとき、他社での延滞や遅延の繰り返しがあると審査では不利になります。年齢や年収、借入件数などのトータルな情報から審査されます。ただ、申し込みできるのはレイクALSAのユーザーだけで、新生ファイナンシャルにとっては顧客です。

 

クチコミ情報でも、おまとめローンの審査は結果が出るのが早く、通過率が高いことが報告されています。

 

審査には仮審査と本審査の2段階がありますが、他の業者や銀行では仮審査に通過しても本審査で否決されることがありますが、レイクALSAのおまとめローンの審査では、仮審査に通過すれば申込み内容の不備などがなければ本審査に通過できる可能性が高いです。

 

銀行を含む金融機関の提供するおまとめローンのなかでは審査が比較的ゆるいと言われています。

 

借金の一本化であることを明確に

レイクALSAのカードローンは「フリーローン」と言われるもので、資金使途は自由です。そのため、完済応援プランを利用するときには、おまとめローンの利用であることを明確に伝える必要があります。

 

利用目的を伝えておかないと、審査では「増額申請」として扱われる危険があります。電話の申し込みする際に完済応援プランを利用したいと明確に告げて、自分の立場をしっかりアピールしましょう。

 

事前に他社からの借入状況を調べておくことも審査に有利に働きます。自分の置かれた状況を明確に分かっている人として扱われます。

 

書類の不備に注意

審査では仮審査があり、本審査があります。おまとめローンでは、電話で仮審査をして、自動契約機で本審査となりますが、このときに申し込み内容に不備がないように注意しましょう。

 

申告した内容と審査する内容が一致しないとき、審査はそこで止まってしまいます。最悪では否決されることもあります。

 

申し込むほうとしては、単なる記入ミスであるのにそこで審査落ちしてしまっては何にもなりません。記入ミスで審査落ちしても、結果が出てしまった後から弁解しても通りません。

 

借入件数を正確に

審査のときの自己申告ミスとして多いのが借入件数や借入額のごまかしです。名前や住所、生年月日の申告ミス程度なら大目に見てもらえますが、借入に関する情報についてはミスは許されません。

 

通常のカードローンは資金使途が自由ですので、借入状況の申告が要らないものも多くありますが、おまとめローンは明確に借金の借り換えという目的があります。

 

おまとめローンを利用するということは、すでに多重債務状態になっていることが多いです。そういったときに、少しでも心象を良くしようとして借入件数や借入額を過少申告すると、それだけで虚偽申告として審査落ちします。誠実に申し出るほうが良いでしょう。

 

まとめ

レイクALSAの完済応援プランは、審査が早いのが大きなメリットです。金利はそれほど低いわけではありませんが、銀行のように審査で待たされることはありません

 

すでにレイクALSAからの借入があって、早めに審査してもらいときには利用価値はあります。