レイクALSAの会員ログインで利用できるサービスとログインできないときの対策

レイクALSA ログイン

レイクALSAは、会員ログインサービスでより便利に使うことができます。

 

会員ログインには7桁のカード番号または8桁の会員番号が必要で、また4桁のカード暗証番号と生年月日の入力も必要です。3つの情報が揃って初めてログインが可能になります。

 

 

レイクALSAの会員ログインでできること

借入サービス

レイクALSAの会員ログインで即日振込融資を受けることが可能です。平日の午後2時45分までに手続きしていれば、受付完了から早くて1分程度で登録講座へお金が振り込まれます。手数料がゼロという点もメリットです。

 

レイクALSAは提携しているATMでも借入可能ですが、ATMによっては手数料がかかることもあります。近年では家賃の支払いから通販の支払いまですべてネットで完結することが多くあります。そういった際にネットバンキングのみで済ませることができるというのは、うれしいサービスと言えるでしょう。

 

平日午後2時45分以降や土日祝日は、カードローンを使えば即日で融資可能です。レイクALSAではスマホ取引も可能なので活用していきましょう。

 

返済関連のサービス

レイクALSAではWeb上で返済も可能です。銀行のインターネットバンキングを利用していれば、会員ログインから返済ができます。ここでも手数料がかかりません。

 

返済の当日の夜になってすでにATMに行く時間がない場合や、提携ATMの手数料がもったいないという場合には、Web返済はおすすめです。

 

Web返済では、金融機関の営業時間でなくでもレイクALSAへの返済はすぐに反映されます。また、返済の予定日の確認や変更も会員ログインで可能です。

 

返済が遅れそうなときに、事前に会員ページで返済予定日を登録しておき、変更した日付までに返済しましょう。約定日を過ぎてしまった後でも、予定日を登録したことが可能です。

 

電話でも予定日の変更は可能ですが、Webは24時間受け付けなので便利です。

 

明細書の閲覧

会員ログインして、明細書を閲覧することも可能です。レイクALSAでは、郵送物なしでこういった情報を見ることができます。1ヶ月分の借入や返済などの取引内容をPDFにまとめてダンロードできます。

 

月ごとにまとめて、翌月の5営業日以降に確認可能になります。前月から過去数か月分の内容も閲覧できます。Web明細ですので、パソコンなどにデータ保存も可能です。

 

利用明細が郵送されないので、明細書が手元にたまっていくのが面倒という場合や、家族に知られたくないので郵送では困るという場合に便利です。

 

現在の取引状況だけでなく、契約の内容の確認もできますし、完済金額や残高、利息などといった返済の管理に関する情報がすべて閲覧可能です。

 

増額審査の申し込み

多くの消費者金融業者でそうですが、レイクALSAでも初回の契約時の利用限度額は抑えられる傾向があります。収入面や個人属性で問題がなくても、まだ履歴のない人に対しては最初は限度額を低めにして契約するのが通常です。

 

この限度額は一定の利用期間を過ぎると引き上げの申請が可能になります。これも会員ログインで申し込みが可能です。申し込みだけでなく、どの程度までアップさせることが可能かをチェックできます。

 

通常は利用限度額アップという表示があれば申し込みは可能です。毎月の返済で遅延や延滞がないときや、直近で収入がアップしたときなど審査にプラスになる要素があれば、通過できる見込みがあります。

 

増額申請では、申し込み金額が大きいときに収入証明書の提出が求められることがあるので、直近2か月分の給与明細などを用意しておきましょう。

 

各種の手続き

レイクALSAでは、登録情報の変更もわざわざ電話連絡しなくても会員ログインで可能になっています。カードの暗証番号の変更も可能です。

 

会員ページから変更できるのは、「住所・電話番号」「勤務先」「レイクALSAからの連作先」「メールアドレス」「振込用の金融機関の変更」です。

 

また、増額申請で収入証明書の提出を求められた場合にも、会員ページから提出することが可能です。

 

暗証番号の変更も可能ですが、忘れてしまった際の再発行はログインページではできません。この場合にはカード゙の再発行が必要になります。

 

運転免許証や健康保険証などを持ってレイクALSAの自動契約機にまで行って手続きしましょう。

 

レイクALSAの会員ログインができない原因と対策

レイクALSAの会員ログインできない場合には、いくつかの原因が考えられます。ログインできなければ急な借入や返済ができないことになります。早急に原因を突き止めて解決しましょう。

 

旧レイクは「新生銀行カードローンレイク」で、レイクALSAとは別会社ですので、ログインページそのものが違います。まずはこの点で間違っていないか確認しましょう。

 

入力ミス

会員ログインで必要なのは3つの項目です。

 

  1. 7桁のカード番号か8桁の会員番号
  2. 4桁の暗証番号
  3. 生年月日

 

このうち1つでも間違えるとログインできません。カード番号や会員番号をミスしていないかチェックしましょう。

 

カード番号はカード本体の表面に印字されており、会員番号はたとえばATM取引明細に記載されています。どちらかが確認できればログイン可能です。

 

よくあるミスですが、全角文字ではログインできません。すべて半角文字で入力しましょう。

 

3回以上ログインに失敗すると、同日中には正しいものを入力してもログインできなくなります。

 

翌日は正しい情報を入力すればログインできまますが、急ぎの場合にはフリーダイヤルや提携先の新生銀行などを利用しましょう。

 

カード番号や会員番号が分からないとき

レイクALSAの会員ログインでは、カード本体の番号または会員番号の入力が欠かせませんが、どちらも確認できないというケースもあり得ます。

 

こういった場合には専用のフリーダイヤルに連絡するか、運転免許証などの本人確認書類を持って自動契約機に行きましょう。もしカードが手元にない場合には、カードを紛失している可能性が高いです。

 

悪用を防ぐためにも、即刻利用停止をしてもらいましょう。

 

暗証番号を忘れたとき

レイクALSAに契約するときには、必ず4桁の暗証番号を登録します。この暗証番号は会員ページからであっても変更はできません。カードの再発行をしてもらう必要があります。レイクALSAと契約する人は、暗証番号は自分にしか分からない場所などにメモして保管しましょう。

 

カードの再発行では自動契約機を使うことになります。運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。利用限度額によっては、単に暗証番号を再登録するだけなのに収入証明書の再提出を求められることもあります。

 

急ぎの場合には、まずは収入証明書が必要かどうかフリーダイヤルで問い合わせておきましょう。

 

3回以上ミスしたとき

レイクALSAでは、3回以上のログイン失敗でロックされてしまいます。ただ、これは1日に3回であって、翌日になれば通常通りにログインできるようになります。

 

心配なのは暗証番号です。契約時に凝った番号を登録してしまったために、しばらく時間が経って忘れてしまうことは良く発生します。

 

こういった対策のために、提携先の新生銀行のATMやコンビニの提携ATMの利用も併用するようにしましょう。どれも24時間手数料は無料です。

 

ネットバンキングだけでなく、必要に応じて振込による借入や返済を使い分けておきましょう。

 

カードを紛失していたら利用停止の処理を

レイクALSAはスマホ利用で借入も返済もできるようにしています。それに慣れてしまって、いざというときにカードが手元にないことに気付かないということもあり得ます。

 

ローンカードを家族に隠しておきたいなどと考えているうちに、紛失してしまうことは珍しくありません。単に捨ててしまったという場合は問題ありませんが、盗難にあっている可能性もあります。

 

もし、カードが手元にないことが発覚したら、即刻レイクALSAに連絡して利用停止の手続きを取りましょう。通常、電話連絡したときには電話を切った途端にカードは利用停止になります。

 

ローンカードが他人に渡ってしまうと、勝手に自分の名義で借入されかねません。これはすべて自己責任です。利用停止したら再発行する必要があるので、必要書類を持って自動契約機に行きましょう。

 

メンテナンスやシステム障害

レイクALSAの公式サイトがメンテナンスの時間には会員ログインはできません。日曜深夜(月曜早朝)の午前0時から午前1時、それ以外では午前0時から午前0時15分が定時メンテナンスです。

 

また、第3日曜日に午後11時15分から午前3時30分もメンテナンスの時間です。注意してきましょう。深夜には毎日メンテナンスが行われます。

 

臨時でメンテナンスがあるときには、公式サイトで事前に告知されます。おかしいと思ったら、「店舗・メンテナンス情報」というページを見てみましょう。

 

また、ネットそのもののシステム障害が発生することもあります。こういった際には、ネットの復旧を待ってログインしましょう。

 

レイクALSAから利用の強制停止になっている

会員ログインができるのは、カード会員のみです。その資格がなくなったときにはログインはできません。

 

長期の延滞や申告した情報の誤りなど取引状況に問題があるとみなされると、カード利用を強制停止され、レイクALSAの会員資格を失います。

 

延滞などの心当たりのある人は、最悪のケースですが利用停止されている可能性も考えてみましょう。他社の借入で延滞していても、レイクALSAのカード利用が停止されることがあります。

 

延滞の日数があまり多くなければ返済額と遅延損害金を支払うことで利用が再開できることもあります。レイクALSAのフリーダイヤルに問い合わせをしてみましょう。

 

延滞しそうなときには、会員ページから返済予定日を変更しておくか、レイクALSAに連絡が必要です。

 

まとめ

レイクALSAは、新会社となってカードレスによるキャッシングが可能になるなど利便性を高める努力をしています。

 

会員ログインでできることも多く、利用価値は高いと言えるでしょう。

 

利用手数料もかかりませんし、様々なシーンで活用できます。