レイクALSAの金利は高い?返済時の利息はいくらになる?

レイクALSAの金利は高い?返済時の利息は

 

レイクALSAで借入したとき、金利はどの程度が適用されるのか気になるところです。

 

他業者と比較して高いのか安いのか、また利息をどのくらい支払う必要があるのか検討してみましょう。

 

 

レイクALSAの金利は高いのか?

結論から言うと、レイクALSAの金利は他の大手消費者金融業者と比較して高くありません

 

ごく標準的な金利が適用されています。違法な高金利を適用して利用者を苦しめるというような会社ではありません。

 

契約金額と適用される金利

レイクALSAでは、他の多くの消費者金融業者と同様に「極度額」と呼ばれる契約限度額によって適用金利が変動します。公式サイトには、「貸付利率(実質年率)」という名目で4.5%から18.0%が記載されており、利率は契約額および利用残高に応じて異なると注意書きがあります。

 

「初めてご利用のお客さま」に向けて、契約限度額が200万円以下のとき、利用残高が100万円未満のとき15.0%から18.0%、100万円以上200万円のとき12.0%から15.0%と記載されています。契約限度額が200万円を超えるとき、300万円までは9.0%から15.0%、300万円超400万円までは7.0%、400万円超500万円までは4.5%となっています。

 

これは法律で定められている金融業の法定金利の上限以下の金利です。注意すべきなのは、ここで記載されている「金利」は年率を示しているという点です。

 

利息の計算の際には借入額に年率を掛けて、さらに365日で割って日割りで算出します。

 

実際に適用される金利は?

レイクALSAで適用される金利は、旧レイク時代で適用されていたものがそのまま引き継がれています。金利面で変化があるかもしれないと期待されていましたが、そうではありませんでした。

 

実際に適用される金利は、よほど契約者の条件が良くない限り「上限金利」が適用されると考えましょう。金利の幅は確かに4.5%から18.0%と振り幅がありますが、契約当初から最低金利が適用されることはまずないと言っていいでしょう。

 

また、契約金額が多ければその分金利も低く設定されますが、おおかたの場合で契約金額は多くて100万円です。申込者の年収や役職が付いているかどうかなどの社会的立場によっても違いますが、おおよそは「契約金額は100万円・適用金利は年率18.0%」と考えておきましょう。

 

初めてレイクALSAを利用する場合、利用の実績がまったくない状態です。業者としても、リスクを回避するうえで上限金利を適用するものと考えられます。

 

他の消費者金融業者と比較してみよう

気になるのがレイクALSAの適用金利は高いのかどうかということでしょう。

 

消費者金融業者のカードローン
  • レイクALSA→4.5%~18.0%
  • プロミス→4.5%~17.8%
  • アコム→3.0%~18.0%
  • SMBCモビット→3.0%~18.0%

 

銀行のカードローン
  • 住信SBIネット銀行→0.99%~14.79%
  • 三菱UFJ銀行バンクイック→1.8%~14.6%
  • ソニー銀行→2.5%~13.8%

 

銀行系のカードローンの金利は全体的に低めの設定で、大手の消費者金融業者のローンはそれほど差はありません。銀行のカードローンは若干審査が厳しく時間がかかる傾向があり、その分金利は低く設定されています。

 

レイクALSAの強みは審査の素早さと手数料の安さです。利便性を重視したときには、レイクALSAは正しい選択と言っていいでしょう。

 

レイクALSAで借りると利息はどの程度かかるのか?

レイクALSAを利用するときに気になるのが、どの程度の利息を支払うことになるかということでしょう。

 

借りたはいいけど、そのまま漫然と返済しても損をします。

 

金利と利息の違い

まずは「金利」と「利息」の違いを理解しておきましょう。お金の貸し借りでは、一定の金利が示されます。お金を借入した側は金利によって計算された利息を貸した側に支払います。追加のお金を支払うわけです。

 

借りたお金に追加して支払う金額が、元金に対してどの程度占めているかという割合が「金利」です。この割合を業者のほうから提示します。レイクALSAが公式サイトで示している「年率18.0%」が金利です。借入した側、つまり利用者・消費者は1年間で借入金の18%を元金にプラスして支払います。

 

利息とは、お金を貸した側、つまりレイクALSAのほうが元金に追加して受け取るお金です。契約では、利用者は毎月1回以上の返済が義務となっています。借入金に年率18%を掛けて算出した「金利」分のお金を利用者が支払って、レイクALSAは利息を受け取ります。

 

利用者は業者に対して金利という年率を契約して、利用者はそこから算出される利息をレイクALSAに支払います。

 

利息の計算方法

利息は、おおよその貸金契約において、毎月1回利用者が金融機関に支払うことになっています。貸金業者側が示すのは金利という年率です。レイクALSAでは初回契約時には、「限度額100万円まで・金利は年率18.0%」です。

 

年率18%というのは、字の通り年間で支払うべき利息の数字です。レイクALSAでは、利用した日数分の利息を計算する「日割り計算」で算出することになっています。

 

借入残高×年率÷365日(うるう年のとき366)=1日分の利息

たとえば50万円を借入すると、年率18%が適用されます。

 

50万円×0.18÷365日=246.5753……

これが1日分の利息となりますが、利息計算では1円未満の小数点は切り捨てという原則がありますので、実際には246円になります。計算するときには、計算機で算出された小数点以下に日数を掛けましょう。

 

50万円×0.18÷365×30=7397.260272……

50万円を借入したときの30日後の利息は、7397円です。

 

10万円を借入した場合のシミュレーション

レイクALSAの魅力のひとつが、契約日の翌日から30日間の無利息サービスです。

 

年率18%で10万円を借入すると、30日後の利息は1479円ですが、この分がゼロ円になります。

 

 

この点を踏まえて、毎回の返済額を3000円としたときの返済のシミュレーションをしてみましょう。
1回目 元金充当3,000円(利息ゼロ) 返済後残高97,000円
2回目 元金充当1,565円(利息1,435円) 返済後残高95,435円
3回目 元金充当1,589円(利息1,411円) 返済後残高93,846円
4回目 元金充当1,612円(利息1,388円) 返済後残高92,234円

 

順調に返済を続けていれば、返済回数46回・利息合計3万5909円となります。無利息サービスを利用しなかったときとの差額は2872円です。

 

また、レイクALSAには「5万円まで180日間無利息」という独自のサービスがあります。10万円借入したとき、180日間は5万円に金利を掛けて利息を算出します。

 

 

同様に、毎回の返済額を3000円としたときのシミュレーションをしてみましょう。
1回目 元金充当2,261円(利息739円) 返済後残高97,739円
2回目 元金充当2,294円(利息706円) 返済後残高95,445円
3回目 元金充当2,394円(利息672円) 返済後残高93,117円
4回目 元金充当2,363円(利息637円) 返済後残高90,754円

 

順調に返済を続けていれば、返済回数44回・利息合計3万568円となります。無利息サービスを利用しなかったときとの差額は8213円となります。

 

無利息サービスの効果は?

同様に、無利息サービスを利用しなかったときの差額を計算してみましょう。金利は年率18.0%で最低返済額を返済し続けたとき、無利息サービスを利用しない通常利用との差額をまとめてみました。

 

借入額 30日間無利息との差額 180日間無利息との差額
50,000円 975円 4,746円
100,000円 2,872円 8,213円
200,000円 7,113円 10,242円
300,000円 11,882円 11,472円
400,000円 16,922円 12,279円
500,000円 18,916円 10,997円円

 

借入額が30万円で計算した場合には無利息サービスは「30日間」のほうを利用したほうがお得に借りられることが分かります。

 

レイクALSAで借入する際には、この点を良く検討したうえで利用しましょう。
(今なら、期間限定で対象条件を満たしている方に60日間無利息キャンペーン中!)

 

レイクALSAをお得に利用するには?

 

レイクALSAは無利息サービスが充実しており、他業者に比較してもお得に利用できる業者です。さらに上手に利用するためにいくつかのコツを知っておきましょう。

 

利用限度額を増額する

レイクALSAの利用では、まずは「利用限度額100万円まで・金利は年率18.0%」が適用されます。この金利を引き下げるのに最も分かりやすいのは、利用限度額を増額することです。

 

レイクALSAでは100万円以上の限度額になると年率15.0%が適用されます。100万円の借入に対して3%違えば年間3万円減額となります。レイクALSAでは基本的にいったん金利15%が適用されると、借入残高が100万円を切ってもそのまま継続します。

 

利用限度額のアップで確実なのは、年収や勤務先の条件など収入面での向上があったことを報告することです。申し込み時点よりも返済能力が高まったことをアピールできれば利用限度枠の引き上げと、それに伴う金利の引き下げが可決するでしょう。

 

ある程度の期間、利用しているとレイクALSAの会員ページに「増額申請ができる」ことが記載されるようになります。このときに収入証明書を提示して、年収が上がったことを示すようにしましょう。

 

返済実績を積む

利用限度額の増枠は、増額申請ができるからといって審査に通るとは限りません。レイクALSAに限らず、ローンの増額が認められるには、返済の実績を作ることが大切です。返済期日を守ってしっかりと返済を続けていれば、実績は自然に積み上がります。

 

利用者とレイクALSAの関係は「お金を貸し借りする」関係です。その事実によってのみ、信頼関係が築かれます。毎月返済し、収入のあるときに返済額を多めにしておきましょう。

 

レイクALSAは無担保・無保証人の融資です。不動産を担保にしているわけでも、返済不能のときに肩代わりしてくれる保証人がいるわけでもありません。返済することが担保や保証の代わりをします。

 

申し込みをした時点では、レイクALSAからすると利用者は「誰か分からない人」ですが、返済を続けることで「返済をしっかりできる人」と認識されます。増枠せずに金利を引き下げることができたという事例は多数報告されています。

 

レイクALSAからの金利引き下げ打診

ある程度、継続的にレイクALSAを利用していると、向こうから金利引き下げの打診が来ることがあります。これも多くの事例が報告されており、珍しいことではありません。共通するのは遅延・延滞なしでしっかりと返済を続けている人という点です。

 

レイクALSAとしても、返済能力がある人が継続して自分の会社から借入してくれれば儲けにつながります。他業者よりも低い金利で借入できるのであれば、わざわざ他の業者と契約して借入することはないでしょう。レイクALSAとしても優良顧客を育てて長い付き合いをしたいと考えています。

 

契約してから1年程度で金利引き下げの打診が来たという人も実際に存在します。案内は電話やメールで来ることが多いですが、会員サイトで通知されることもあります。

 

一定期間の利用を続けて、サイトをチェックしておきましょう。優良顧客として認められるには「返済実績」と「継続的な利用」が不可欠です。

 

元利定額リボルビング方式で返済する

レイクALSAとの契約では、残高スライドリボルビング方式で返済するのが通常です。借入残高に応じて最低返済額が変動する方式です。

 

この他に元利定額リボルビング方式という返済方式もあります。これは毎月一定額の返済額を支払っていくやり方です。

 

最初に毎月の返済額を1万円とすると、完済するまでずっと毎月1万円ずつ支払います。残高が低くなっても、返済額は変わりません。

 

この方式では、残高スライドリボルビング方式よりも早く完済できます。完済が早いということは、その分支払う利息も抑えられるということになります。

 

利息を少しでも減らしたいと考えるのであれば、元利定額リボルビング方式を選択するのも手段のひとつでしょう。ただし、毎月一定額を必ず支払う必要があるため、その分返済が苦しくなる可能性もあります。

 

毎月の返済額を増やす

残高スライドリボルビング方式で返済している場合でも、最低返済額以上を毎月支払うようにすると、結果的に完済まで早くなって利息の総額を減らすことが可能です。

 

最低返済額はあくまで、レイクALSA側が決めたことであって、それ以上支払ってはいけないことはありません。地方銀行のローンによっては、繰り上げ返済をするときに手数料を徴収されることもありますが、消費者金融業者では基本的にそういった手数料はかかりません。

 

たとえば10万円を年率18%で借入したとき最低返済額は3000円です。この額を返済していると、返済回数は47回、最終的な利息の合計額は3万8781円になります。これを4000円にして計算すると、返済回数は32回に減って、利息の合計額も2万5771円になります。

 

たった1000円増やすだけで大きな違いが出てきます。収入の多いときに多めに返済しましょう。

 

まとめ

レイクALSAは他の消費者金融業者と比較して金利が高いわけではありません。
ごく標準的です。

 

契約時の無利息サービスを上手に利用しながら、計画的に返済して利息を抑えるようにしましょう。