レイク増額

増額案内が来ても確実に借りられるわけではないの!?

増額審査手続きを行なってもらうためには、増額可能の案内が来るか、自分で可能性を聞いてから申し込みする必要があります。

 

しかし時には増額可能と言われたにもかかわらず、否決されてしまう方も少なくありません。

 

自分から問い合わせた場合は、レイク側がじっくり吟味する時間は少ないため諦めもつくかもしれません。しかし、増額可能と案内が来ていた場合は納得するのは難しいでしょう。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

 

レイクの増額案内はどのようにしてくるのか?

レイクの増額案内は、会員ログインページでのお知らせ、メールでのお知らせ、レイクATMなどで確認することができます。どの方法であっても増額の案内が来るということは、レイクから優良顧客であると判断されているということです。

 

レイクに限らず、ほぼ全ての金融機関は独自の信用情報を記録しています。
増額案内を送るときは、その信用情報を元に追加融資が可能かが判断されるのです。

 

つまり、レイクが記録している利用履歴や返済履歴のみで判断されているのです。
レイク以外で借入があった場合、その情報はレイクが増額案内を行なった時点では確認されません。

 

確認できない情報があるのはなぜか?

きちんと情報を確認せずに増額案内を出しても良いものなのでしょうか?

 

実はCICなどの個人信用情報は基本的には本人以外に開示することはできないものです。

 

しかし各金融会社は、申込者に問題がないかを確認する必要があります。そのため、審査時にのみ情報を閲覧することが許されているのです。

 

したがって、審査時以外で個人信用情報を確認することはできないため、増額案内が来てもさらに調べなければならない情報が残っていることで、案内が来ても確実ではないという状況になってしまうのです。これはレイクのみならず、他の金融会社でも同じことです。

 

確認できないのは個人信用情報だけではない

増額審査では、現在の状況を入力して居住情報や勤務情報などから再度審査されます。
この個人情報も申し込みをするまでは、レイクには伝わらない情報が含まれている場合があります。転職や引っ越し、年収の増減などの変化があった場合、こまめに個人情報を更新しているのであればさほど問題はないかもしれません。

 

しかし、提出した情報とレイクが持っている情報が異なっていればマイナス評価を受ける可能性は非常に高くなります。

 

増額案内は限定された情報の中で判断されている

増額案内は、あくまで金融会社が持っている情報の範囲で行なわれます。
審査が始まると、申込者本人や外部機関からの最新の情報を元に正式な審査が行なわれるので、案内と食い違う結果が出てしまうのです。

 

案内が来れば確実に増額できるわけではありません。
自分の状況をまず確認し、本当に増額できる状態かを調べてから申し込むようにしましょう。