レイクALSAの保証会社はどんな会社?利用者に影響は?

レイクALSAの保証会社とは?

 

レイクALSAの特徴として、「保証会社が保証人代わりになる」という点があります。

 

保証会社は通常、銀行のカードローンで使われるものですが、レイクALSAは消費者金融業者でありながら「新生ファイナンシャル会社」という保証会社を通じて利用者への様々な便宜を図っています。

 

 

レイクALSAの保証会社は何をするの?

レイクALSA公式サイトの「規定および同意確認」を見ると、契約は「新生ファイナンシャル株式会社」と締結すると記載されています。この会社がレイクALSAの保証会社です。

 

レイクALSAは窓口業務、新生ファイナンシャルが事実上の契約先と考えてもいいでしょう。

 

審査を行う

保証会社の最も大きな役割として、ローンの審査を行う業務があります。レイクALSAが提供しているのは「無担保・無保証人」のカードローンです。もし利用者が返済を滞納すると貸倒れ債権となってしまいます。

 

レイクALSAはそれに備えて保証会社に保証料を支払ってローンの連帯保証をしてもらっています。利用者の借入金が不良債権化してときに買い取ってもらうためです。借入金の不良債権化を未然に防ぐために、保証会社は存在します。

 

利用者がレイクALSAに申し込みをすると審査が行われますが、このときも保証会社が審査を行っています。本当に貸しても大丈夫な人かどうかを調べるのは保証会社の仕事です。

 

保証会社が審査で否決すればレイクALSAへの申込はできません。保証会社が大丈夫と判断すればレイクALSAが申込者に融資を行います。

 

代位弁済を行う

審査で大丈夫と判断した利用者であっても、ときには返済が滞ることがあります。このとき、再び保証会社が関わってきます。

 

利用者が返済を滞納したとき、保証会社は利用者に成り代わってレイクALSAに借入残高を一括で立て替えて精算します。これを専門的には「代位弁済」と呼びます。

 

この代位弁済の制度があるので、レイクALSAから無担保・無保証人で借入できるのです。代位弁済を行うと、レイクALSAが持っている利用者の債権は保証会社に譲渡されて利用者への残金の請求権を得ます。

 

保証会社が代位弁済をしても、レイクALSAを利用した人の債務が消えるわけではありません。返済先がレイクALSAから新生ファイナンシャル会社へと移っただけです。

 

保証会社は、債権の取り立てを法的に実行することに重点を置いて利用者と話し合いをします。決着が付かなければ裁判によって請求を行い、財産を差し押さえるといった強制執行を採ることもあります。

 

保証会社が代位弁済をすると?

レイクALSAなどの消費者金融業者を利用したり、クレジットカードを使って買い物をしたりすると個人信用情報機関に情報が登録されます。

 

契約の申込から締結、借入や返済、分割払い契約など、金融にかかわるすべての情報が登録され、金融機関は許可を得たうえで閲覧できるようになっています。

 

通常の借入や返済を行っている分には何も問題はありませんが、もし保証会社が代位弁済を行うと話は違ってきます。代位弁済は「金融事故」のひとつです。

 

個人信用情報機関には「異動」という名称で記録が残ります。この記録が記載されている人に対しては、ローン会社や銀行などがお金を貸しません。これを俗に「ブラックリストに載る」と言っています。

 

ブラックリストは、実際にそのようなリストがあるのではなく、個人信用情報機関に「異動」などのネガティブ情報が記載されることを指しています。

 

ブラックリストに載ると、ローン審査に通ることはまず不可能です。代位弁済で異動情報が記載されると約5年間残ります。その間はどのローンの審査でも否決されます。

 

レイクALSAが保証会社を使うメリットとデメリット

手続きが簡単

レイクALSAが保証会社を使っていることによる利用者目線のメリットは、保証人を探して書類の記載をしてもらうなどといった手間が省けることがあります。もし保証人を依頼したり、担保となる物件を用意したりするとそれだけで手間がかかります。

 

保証会社による保証があってこそ、レイクALSAから無担保・無保証人で借入ができ、その分の手続きが簡単になります。レイクALSAへの申込は本人だけでできますし、書類も原則的には本人確認書類だけで済みます。

 

保証人が不要というのは当たり前のようで大きなことで、他人が一切介在しないから家族や兄弟、知り合いに知られることなくお金を借入できるのです。レイクALSAの利便性は保証会社によって実現していると言ってもいいでしょう。

 

融資限度額が少ない

保証人が要らないローン、担保となる物件などがないローンは融資限度額が少ない傾向があります。レイクALSAの融資限度額は1万円から200万円です。個人消費者としては充分な額かというと微妙なところでしょう。

 

これが担保付きのローンになると融資限度額は飛躍的に高まります。たとえば楽天銀行が提供している不動産担保ローンは100万円以上1億円というのが融資限度額です。

 

担保があるということは、返済が滞ると担保物件が差し押さえられることを意味しますが、その分融資限度額は大きくできます。

 

また、レイクALSAの限度額の最高は200万円とされていますが、これも大手の消費者金融業者としては低めの設定です。アコムは最高限度額は800万円、プロミスは500万円です。この点でレイクALSAは「渋い」業者と言えるでしょう。

 

金利が高め

消費者金融業者のデメリットは金利の高さです。レイクALSAでは金利は貸金業法で定められた法定金利の上限が設定されています。100万円未満の借入では年率18.0%、100万円以上の借入では年率15.0%です。

 

一般的に無担保・無保証人のローンは金利が高い傾向があり、住宅ローンやマイカーローンと比較すると差は歴然としています。住宅ローンは返済が終わるまではローン会社に所有権があり、返済が滞った場合に回収できるので、低金利で融資が可能です。

 

楽天銀行が提供している不動産担保ローンの金利は、年率3.02%から9.62%となっており、レイクALSAの金利とは10%も低い金利です。

 

資金使途が自由で、本人の一存だけで他人に発覚することなく借入できるだけ、融資額も小さいですし金利も高いというのが消費者金融です。

 

レイクALSAの保証会社の審査基準は?

若干厳しめ

レイクALSAの保証会社である新生ファイナンシャル会社の審査基準は若干厳し目です。

 

かつての消費者金融らしいスピード融資はそのままですが、新しくレイクALSAとなっても審査は他の消費者金融業者に比較して厳しいと評価されています。実際に、プロミスやアコムよりも審査通過率は低いままの状態です。

 

これは新生銀行の傘下に入ったことも大きな要因と言われています。銀行とローン利用者の間に預金保険機構が入って、さらに預金保険機構は警察庁とつながっていて、利用者に問題がないかどうを調べるようになりました。その機会に、旧レイクは審査基準を厳しく設定しています。

 

それでも大手ですので知名度はあり、申込者の数に大きな変化はなかったために、そのままの審査基準を適用していると推測されています。

 

安定した収入があれば審査に通過できる

レイクALSAの保証会社である新生ファイナンシャルが最も重視しているのは継続的で安定した収入があることと言われています。正社員だけでなく派遣社員、契約社員、またパートやアルバイトであっても借入できるのは、毎月決まった日に給与収入があるからです。

 

公式サイトにも以下のような記述があります。
「パートやアルバイト等でも安定した収入のある方であれば、お申込みいただけます。」(よくあるご質問)

 

これは収入が少なくても、安定してもらえる給与がある場合には、その収入に対して融資限度額を設けて貸付を行うことを意味します。主婦であっても借入は可能ですが、個人としてもらえる給与がなければ貸付されません。

 

そのため、自分に収入のない専業主婦では申し込みも不能です。配偶者に収入があっても審査には通らないので、この点は注意しましょう。また、就職の内定者に対してもレイクALSAは厳しく、仕事に就いていない状態では申し込みできません。

 

借入診断で試してみよう

レイクALSAは新生ファイナンシャルが審査を厳密に実施しているため、他の消費者金融業者と比較すると若干審査が厳し目の傾向がありますが、スマホATM取引など使い勝手の良い業者です。

 

申し込みはしたいが、自分が果たして審査に通過できるか不安という人は、公式サイトの「お借り入れ診断」という簡単な方法で試してみましょう。

 

これは正式な審査ではありませんが、おおよそ借入できるかどうかが分かります。ここで否決されたら諦めて別の業者をあたってみましょう。

 

借入診断は生年月日と他社借入件数や金額などの質問に回答するだけです。正式な審査ではありませんが、目安にはなるでしょう。

 

まとめ

レイクALSAの保証会社である新生ファイナンシャルは若干審査が厳し目の傾向はありますが、しっかりとした給与収入があり、他社の借入額の合計が総量規制に抵触しない限り審査に通過できる可能性があります。

 

まずは借入診断で試してみましょう。