レイクALSAの新しいアプリ「e-アルサ」の凄みを徹底解剖!

レイクALSAの新しいアプリ「e-アルサ」を徹底解説!

 

レイクは2018年5月10日から「レイクALSA」という新しい社名となり、新生ファイナンシャルのアプリもリニューアルされました。

 

名称も「e-アルサ」と変更され、新しい便利な機能が追加されています。

 

 

レイクALSA「e-アルサ」・6つの便利な機能

「e-アルサ」はレイクALSAが無償提供している公式のアプリで、初めての申し込みから多彩な会員サービスまで幅広くサポートしています。手持ちのスマホからログインできて、ワンタッチで簡単にアクセスが可能です。

 

申し込みから契約まですべて完結

e-アルサを使うと、初めてレイクALSAを利用する人でも申し込みから融資まですべて完結させることが可能です。

 

Web申し込みはパソコンを使って行うことが可能ですが、e-アルサでは審査結果の連絡やメールを持ち歩きできるスマホでできるので、パソコンの前で待つ必要がありません。

 

e-アルサを使った申し込みでは、本人の情報の入力だけでなく、本人確認書類の提出が可能です。アプリに申し込む際に書類をカメラ機能を使って撮影でき、そのままダイレクトにレイクALSAの審査に送信できます。

 

カードレスで入出金が可能

多くの消費者金融業者が専用アプリを提供していますが、レイクALSAのアプリは一歩進んだ機能を付帯しています。そのひとつがカードレス入出金です。

 

e-アルサをダウンロードしておくと、セブンイレブンを中心にATM展開しているセブン銀行のATMで、カードを使わずにアプリだけで入出金できます。

 

操作方法は非常に簡単で、借入か返済を選択して金額を入力して、バーコードリーダーを使ってQRコードを読み取るというものです。企業番号を入力して確認ボタンをタップすれば現金の取引ができます。

 

まったくカードが必要ないため、消費者金融業者を利用していることが他人に発覚するリスクが減ります。

 

生体認証ログイン機能

e-アルサでは、利用者以外の他人による不正な利用を防ぐための生体認証システムに対応しています。使うのはiPhoneのTouchID機能やAndroidの指紋スキャン機能です。

 

設定も非常に簡単です。e-アルサを起動して、メニューを開き、「設定」から「生体認証を使用」をオンにするだけです。初回だけ手動でログインします。これによって指紋認証によるログインができるようになります。

 

カード番号や暗証番号などの情報の入力がまったく必要なくなるので便利ですし、指紋認証なので自分以外の人間には絶対に使えません。

 

借入診断

e-アルサは、レイクALSAを利用していない人でもダウンロード可能です。消費者金融への契約が初めてという人や、信用情報に不安がある人、そもそもクレジットヒストリーがない人などは、審査に通るかどうか心配になることが多くあります。

 

レイクALSAではパソコンのサイトで「借入診断」というページを提供しています。生年月日などの情報を入力することで、おおよその審査通過率を表示してくれるものです。

 

この借入診断はe-アルサにも採り入れられており、即座にシミュレーションをすることができます。

 

入力するのは

  1. 生年月日
  2. 税込年収
  3. 他社の借入件数
  4. 他社借入総額

の4つの情報です。

 

借入診断なので審査ではありません。あまり良くない審査結果が出ても、個人情報には傷が付きません。

 

本格的に審査してもらって否決されると、その情報は個人信用情報機関に登録されますが、借入診断ではそういったことはないので、気楽に試すことができます。

 

返済のシミュレーション

借入で困るのは、返済額と返済回数が結局どうなるのか分かりにくいという点です。利息の計算の仕方を理解したうえで、紙と計算機を使わないと、借入額をどのように返済していけばいいのか分からないというのが、通常の利用者の姿です。

 

レイクALSAのe-アルサには返済シミューレーターが提供されています。借入希望額と予定利率を入力するだけで、おおよその返済期間と毎月の返済額が分かります。

 

予定利率は利率表などを参考にするのが正確ですが、通常の契約では年率18%を入力しておけば問題ありません

 

e-アルサのアプリはレイクALSAの契約者でなくてもダウンロードできて、シミューレーターの利用も可能です。高性能なシミューレーターとして評価されており、「返済シミューレーター」と検索するとおすすめとして挙げられているほどです。

 

利用限度額の増枠などの会員サービス 

e-アルサではこの他、取引状況を確認したり、利用限度額の増額や金利引き下げの申請をしたりすることができます。

 

「ご利用限度額のアップ」や「利率ダウンのご案内」などの通知がe-アルサに届きます。スマホひとつで限度額の引き上げをできるのは画期的なサービスと言えます。

 

現在の契約内容もひと目で分かるように表示されます。現在の限度額や金利、返済金額や返済日が分かります。詳細な内容を表示させると、選択している無利息サービスのコースといった情報も確認できます。

 

利用明細も確認できますので、カードレス・郵送物なしでレイクALSAの提供するサービスのほとんどを受けることができます。

 

レイクALSAの新アプリで特に注目すべきなのはスマホATM取引

レイクALSAが提供する新アプリ「e-アルサ」で注目すべき点は、まったくカードを使わずに借入・返済ができるスマホATM取引です。

 

スマホATM取引とは何か?

スマホATM取引はスマートフォンひとつでATM取引ができるシステムです。e-アルサで表示される情報を提携ATMに入力すると、カードレスで借入や返済ができます。

 

手持ちのスマホがローンカードの代わりをしてくれるカードレス取引のひとつです。

 

従来の消費者金融業者では、ローンカードが手元にない場合には借入できませんでしたし、銀行の営業時間外は融資を受けられませんでしたが、e-アルサを利用したキャッシングサービスが開始されて、スマホだけでいつでもATMからの借入と返済が可能になりました。

 

最短即日融資に効果的

レイクALSAでは、パソコンや自動契約機を使って申し込んでも最短で即日融資が可能でしたが、スマホATM取引によって申し込み当日に融資を受けられる締切の時間が大幅に拡大します。

 

従来の即日融資では、指定の銀行口座に振込で融資を受けるのが一般的でした。金融機関の営業時間の関係で、Web申し込みの即日融資は平日以外は不可能で、しかも契約手続きを午後2時までに完了させる必要がありました。

 

せっかく契約まで完了したのに、金融機関の当日振込時間を過ぎてしまったら、わざわざ自動契約機にまで行ってカードを発行してもらい、提携ATMから借入するという方法しかありませんでした。

 

ところがe-アルサによるスマホATM取引を使うと、契約が完了した後はスマホ1つで最寄りのセブン銀行ATMから借入ができます。振込時間を気にすることなく、契約までが当日に完了していれば、その後は夜の遅い時間でもすぐにATMで借入できます。

 

使える条件

e-アルサのスマホATM取引で即日融資をするには、次の2つの条件を満たす必要があります。

 

  1. Web契約で契約すること
  2. 午後8時までに必要書類の確認まで終わっていること

 

レイクALSAの審査は午後9時までがタイムリミットです。必要書類を提出してから本審査に移りますが、これにはおおよそ1時間程度かかります。そのため、午後8時までには本人確認書類などの書類を提出している必要があります。

 

審査に通過して契約が完了して、スマホATM取引ができる状態になれば、近くのセブンイレブンに行ってセブン銀行のATMでほぼ24時間借入が可能です。

 

スマホで借入・返済する方法

e-アルサのトップ画面の「セブン銀行スマホATM取引」という部分には、「お借り入れ」と「ご返済」と記載された緑のボタンがあります。

 

借入では「お借り入れ」をタップしてログインします。するとQRコードリーダーが起動します。次の画面に移ると「スマートフォンでの取引」「nanaco」などが表示されますので、「スマートフォンでの取引」をタップします。

 

ATM画面にQRコードが表示されますので、このコードをスマホに表示されているコードリーダーで読み取ります。読み取れたら「次」ボタンを押します。するとスマホ画面に4桁の「企業番号」が表示されます。

 

スマホの操作はいったん終了しますので、企業番号を表示したままにしておきます。ATMのほうは企業番号を入力する画面になっているので、スマホに表示された4桁を入力して確認ボタンを押します。後はATMの画面表示に従って操作しましょう。

 

スマホ取引は簡単

スマホATM取引は、実際にやってみると非常に簡単です。スマホを持っている人でバーコードリーダーを使ったことがあるなら、ほとんど間違わず操作できるでしょう。

 

注意したいのは企業番号です。QRコードを読み取った後に表示される4桁の番号をATMに入力することで、カードをATMに挿入したのと同様の扱いになりますが、ここでスマホの画面表示を終わらせてしまうと、また最初からやり直しになってしまいます。

 

途中でATMの画面に「カードを入れたら取引がはじまります」と表示されますが、ここで「スマートフォンでの取引」を押しておくことも忘れないようにしましょう。ここで間違うと、またやり直しです。

 

手数料が無料

レイクALSAでは、セブン銀行だけでなく提携しているコンビニATMのほとんどで利用手数料を無料にしています。e-アルサを使った取引でもすべての操作が手数料なしで利用できます。

 

大手の消費者金融業者であるプロミスやアコム、アイフルなどでも一部の提携ATMでは無料となっていますが、基本的に提携ATMの利用では手数料が必要です。

 

すべての提携ATMで手数料を無料にしているのは、大きなメリットと言えるでしょう。手数料はわずか数百円ですが、利用回数が多くなるほど無駄な感じが強まります。そういったストレスから解放されるのは利用者としてはありがたいでしょう。

 

注意すべき点

レイクALSAの公式サイトにはいくつかの利用上の注意が記載されています。

 

セブン銀行「スマホATM取引」の利用方法の注意点
  • 続けて取引をするときには、アプリのトップ画面から再度手続きする。
  • 複数の口座を持っている人については、e-アルサが使えるのは1つの口座だけ。
  • システムのメンテナンス時間にはATMは使えない。
  • 残高照会はe-アルサではできない。

残高照会はパソコンの会員ログインで行うようにしましょう。

 

この点を除けばe-アルサはほとんど完璧なツールと言っていいでしょう。

 

まとめ

レイクALSAが提供するアプリ「e-アルサ」は画期的なサービスと言えます。即日融資のタイムリミットが大幅に拡大しますし、返済シミューレーターも高性能です。

 

スマホATM取引は利便性が高く、手数料が無料となっています。