レイク増額

増額審査に申し込めるタイミング

レイクで増額を受けるためには、利用と返済に関する実績がなければなりません。
実績がないと増額の申し込みを行なうことはできません。

 

では、これらの実績が十分であると、どうしたら分かるのでしょうか?

 

増額案内が来ると増額できる可能性が高い

一番分かりやすいのが、レイクから増額の案内が来ることです。
案内が来るということは、最低でもレイクが増額可能と考える基準は満たしているということであり、増額できる可能性が最も高いということでもあります。

 

では、いつその案内が来るのでしょうか?

 

問題なく利用していれば、6カ月ほどで案内が届くようです。
しかし、実績だけでなくその他の要素も確認されるので、6カ月経てば必ず案内が届くわけではありません。また、案内が来てから申し込むまでの間に何らかの変更やトラブルを起こしていると、審査に落ちやすくなるので注意が必要です。

 

自分から申し込むこともできる

 

増額審査は、案内が来なくても自分から申し込むことができます
その場合、必ず契約から6カ月が経過していること、定期的に利用していること、トラブルを起こしていないかなどを、必ず確認してください。

 

自分で申し込む場合は、必ずフリーダイヤルで直接担当者と話し、増額が可能かをまず確認し、可能であれば申し込むことができます。しかし、この方法だと審査に通る確率は下がります。増額案内が来るのを待つほうが、現状最も確実性の高い方法なのです。

 

増額案内を届きやすくするためには

自分で申し込むよりも案内を待つほうが良いのですが、基準に達していなければどれだけ待っていても案内が来ることはありません。増額案内を送ってもらうためにも、できるだけ実績と信用が上がるよう行動する必要があります。

 

まず、定期的に利用することです。返済を行なうだけでなく、お金を引き出すことも必要です。この2つが定期的に行なわれることで、利用実績ができていきます。また、利用しているのであれば、返済を延滞しないようにしなければなりません。1回でも延滞してしまうとかなり不利になるので、返済は確実に行ないましょう。

 

増額できるか自己評価してみる

案内が来ても、それはレイクが持っている情報のみで増額が可能かを判断しているだけなので、自分が把握している状況とは違う場合があります。

 

そのため、案内が来てもすぐに申し込むのではなく、まず自分で本当に増額できるか確認しておくことも大切です。

 

例えば、案内が来るまでに引っ越しや転職をしなかったか、その際情報を更新したか、他者で借り入れなかったか、減給されなかったかなど、マイナス評価になりそうな行動を起こしていないか確認しましょう。