アコムの契約では在籍確認の電話が必須?

アコムの在籍確認は電話が必須?

アコムに限らず、消費者金融業者に申し込むときに掛かってくる在籍確認の電話は悩みどころのひとつでしょう。

 

これは申込者が本当に申告した通りの職場で働いているか確認するものですが、消費者金融を利用していることが発覚してしまうリスクがあるため、できれば「なし」で済ませてたいところです。

 

 

アコムから電話が掛かってくるタイミング

申し込み後の本人確認

アコムから電話がかかってくるタイミングとして、避けられないのが申し込み後の本人確認電話です。これは、仮審査を通過した後にかかってきます。申し込みをして、在籍確認が行われるまでの間です。

 

本人確認電話は不正な申し込みがないかを確認するためです。たとえば申込者が未成年でないか、本人以外がなりすましていないかを確認します。仮審査は、年齢制限などの申し込み条件を満たしていれば、ほぼ通過します。

 

本審査をする前に申込者に電話連絡をするのがアコムのルールです。原則的に携帯電話やスマートフォンに電話がかかってきますが、固定電話を指定することもできます。

 

この本人確認の電話を回避する手段はありません。本人確認をしなければ、その後の審査に進めないことになっているからです。この電話を回避したらアコムと契約することは不可能になります。

 

自宅ではなく、必ず携帯電話にしてほしいという要望は通りますが、連絡は必須です。申し込みでは固定電話を通知しないことも可能で、審査に否決された際にはメールで連絡が来ます。そのため、自宅に電話がかかってくる心配は不要です。

 

申し込み確認が詳細になることがある

本人確認の電話では、確かに申し込みをした本人であることを確認することが目的で、申し込み内容に間違いがないかを確認されます。

 

仕事の内容や収入の形態など基本的な情報を訊かれる程度で済みますが、申込者によってはその他の内容を様々に尋ねられることがあります。これは、申込者の信用情報に問題があったり、他社からの借入件数や借入額が多かったりしたときに、理由や生活状況などを確認する意味合いがあります。

 

個人のプライバシーに踏み込んだ質問をされることもあり、アコムに申し込んだ人からは非常に不評です。「どうして家族構成まで訊くのか」「取引先の会社まで訊くのはどうかしている」などの文句はネット上に数多く寄せられています。

 

このようにプライバシーまで根掘り葉掘り訊いてくるのは、個人の属性や信用情報以外の部分で審査しようとしているからであると推測されます。属性として弱い人や、信用情報に傷がある人で、その人の態度や生活状況次第では貸すことができるというケースでこういった質問ラッシュが起きるとされてます。

 

そのため、もし生活状況についてしつこく尋ねられても、イライラした様子を見せることなく、質問に誠実に答えましょう。人柄も審査対象となっている可能性があります。

 

「キレやすい人」「態度がぞんざいで横柄な人」は、何か問題があったときにクレーマー化することをアコムは恐れていると考えられます。

 

アコムとしては「なるべく貸す方向」であることを覚えておきましょう。

 

会社への在籍確認

アコムが電話連絡をするのは、

  • 本人確認
  • 在籍確認

の2つのタイミングです。

 

在籍確認の連絡をするのは、仮審査の終了後です。審査の混み具合や審査の時間帯、申込者の会社の営業時間などによって変動しますが、おおよそ申し込みから20分から30分くらい後に掛けることが多くあります。

 

在籍確認では、申込者の職場にアコムの担当者が直接個人名で電話を掛けて、申込者を呼び出してもらうという形で実施されます。申告した通りの場所で申込者が働いており、申告された勤務先が虚偽報告ではないことを確認するもので、審査では重要な過程です。

 

この在籍確認の電話連絡は特別な事情がない限り回避不可能です。多くの消費者金融業者で職場への電話連絡で在籍確認をする方向で、かなり特殊な事情でもない限り、必ず実施されます。

 

アコムという社名を名乗ることはなく、あくまで個人の名前で申込者を呼び出してもらう形で、申込者本人が電話に出た場合には簡単な質疑だけで済みます。もし電話を取れなくても、電話に出た人が「今席を外しております」などと受け答えをすれば、それで問題ありません。

 

返済の遅延

アコムが電話で連絡をしてくるのは、基本的に申込時の本人確認と在籍確認の2回です。電話連絡によって、アコムの利用が他人に発覚しないように最大限の配慮をしてくれます。この2つ以外で連絡があるとすると、考えられるのは返済を遅延したときの催促電話です。

 

アコムは返済の遅れについては敏感な業者で、早ければ返済日の翌日には電話を掛けてきます。遅くとも2日後にはかかってきます。

 

催促電話はまずは利用者の携帯電話・スマートフォンに掛けますが、それを無視したり気がつかなかったりしたときには自宅に掛かってきます。

 

さらに連絡がつかないときには、職場に掛けることもあります。第三者が電話に出たときには、在籍確認と同様にアコムという会社名を名乗ることはありません。

 

ちなみに、正当な理由がないにもかかわらず利用者にFAXを送ったり、自宅を訪問したりすることは貸金業法で禁じられていますので、通常の対応をしていれば問題ありません。

 

返済の遅れ、返済忘れは良くあることですので、アコムとしても大きな問題とすることはありません。催促電話で怖い人が出てくるとか、脅されるなどといったことはまったくありません。極めて事務的なやり取りです。

 

また、返済期日の当日の夜中、つまり返済に遅れた状態でATMなどを使って返済した場合には、改めてアコムのほうから連絡することはありません。契約時に「携帯電話や勤務先への連絡を希望しない」という選択もできますが、この契約で返済遅延があると督促状が郵送で送られてきます。

 

登録情報の変更の確認

あまり事例は多くありませんが、アコムが登録情報の変更を察知して確認のために電話連絡をすることがあります。

 

主に以下のようなケースです。
  • 住所変更があったとき
  • 転職したとき
  • 収入証明書の期限が切れそうなとき

 

住所変更や転職をなぜアコムのほうで察知するかというと、これは他の何らかの金融機関に変更届を利用者が出しているからです。たとえば銀行のカードローンを使っていて、利用する支店が変わるとカードローンの住所の変更も要求されることがあり、このときカードローンの情報変更が個人情報機関に登録されます。

 

消費者金融業者は一定の期間ごとに利用者の状況を確認して良いことになっており、そのタイミングで住所変更を知って確認のために連絡してきます。また、アコムのほうで利用者の住所に送った郵便物が返送されてくると、住所変更が判明します。

 

カードローンの住所変更は軽く見られがちですが、意外に重視される要素ですので、引っ越しをしたら必ず変更届を出しましょう。公式ホームページのマイページからでも簡単にできます。

 

また、利用限度額の増額を希望するときには収入証明書を再提出する必要があり、このときアコムから電話連絡があります。収入証明書の有効期限は3年です。

 

提出したときと同じ職場に勤務しているときには2年延長されます。3年おきに自分から収入証明書を提出するというのも良いやり方です。消費者金融業者の利用の仕方が分かっている人と認識され、増額申請で有利に働く可能性があります。

 

勧誘や案内

申込時の連絡や催促電話など以外にも、アコムから電話連絡があるケースがあります。

 

以下のような勧誘や案内です。
  • 利用限度額の増額案内
  • 完済後の再借入の勧誘
  • おまとめローンや借り換えローンの案内
  • キャンペーンの案内

 

アコムを利用していて、返済に遅れずにきっちり返済していると優良顧客として認知されて増額の案内が来ることがあります。申込時にアコムからは50万円の限度額を提示され、それよりも低い額、たとえば30万円などで契約しているなどといったときに顕著です。

 

アコムとしてはたくさん借りてもらって、利息をたくさん支払ってもらいたいので、営業電話として掛けてきます。不定期に掛かってくるのでタイミングが読みにくいのが難点です。

 

拒否するには、契約時や勧誘の電話があったときに「案内の電話は要りません」と断ることです。メールサービスや公式ホームページでも増額案内などが配信されているので、電話連絡がないからといって不利益をこうむることはありません

 

アコムの在籍確認は電話連絡で実施

アコムは在籍確認が必ずある

アコムの審査では在籍確認の電話連絡は必ず実施されます。申込者の返済能力を確認するための審査の一環なので、正社員であっても派遣社員であっても在籍確認は行われます。パートやアルバイトなどといった雇用形態に関係なく、アコムの審査で在籍確認が省かれるということはありません。

 

嘘やごまかしはまったく通用しません

 

この点は多くのネットユーザーがアコムに直接確認もしており、「できる限りの配慮はしますが、必ず電話連絡でお願いしています」という回答を得ています。

 

アコムなどの消費者金融業者は、返済のときに支払われる利息が利益です。利用者が借りたっきりで返済せず、貸し倒れになることは絶対に避けたいところです。貸し倒れを回避するには、申込者の返済能力を厳格に見極める必要があり、そのプロセスとして在籍確認は重要なものとなります。

 

そのため、アコムの在籍確認では連絡先を自宅の固定電話にしてしまうといった方法も通用しません。たとえアルバイトであっても、勤務先の電話番号を必ず申告する必要があります。

 

良くあるミスですが、アルバイトとして働いている人が、自分が所属する店舗ではなく本社の電話番号を申告してしまうという間違いがあります。

 

このとき、アコムでは申込者に確認して、必ず本人が勤めている支店なり営業所なりの電話番号を申告するように依頼します。コンビニのアルバイトなどで良く発生する問題です。

 

審査で電話連絡による在籍確認を必ず実施するのはアコムだけでなく、プロミスやアイフルといった大手の業者では必ず在籍確認を実施します。

 

在籍確認なしでお金を借りたいという人は、消費者金融業者から借りるのを諦めるしかありません。

 

会社に固定電話がなかったら?

在籍確認をするときに使われるのは、会社の固定電話の番号です。携帯電話は不可です。もし勤務先に固定電話がないと審査に通ることは困難です。そういった申し込みは否決される可能性が高いと考えましょう。固定電話のない会社というのは信頼されません。

 

「勤務先のオフィスが移転したばかりで、まだ固定電話を引いていない」というケースも想定できますが、このときも後日必ず固定電話が引かれたタイミングで在籍確認の電話連絡があります。

 

その条件で10万円以下の少額融資を受けることができることもあります。そのときには在籍している会社名が分かる健康保険証や社員証の提示が必要となります。

 

近年ではリモートワークの会社も増えています。そういった会社では、固定電話ではなく社員同士の携帯電話やネットワークだけで連絡を取るというケースもあるでしょう。

 

その場合には特例として電話連絡以外の在籍確認の方法が採られることも推測できますが、原則としては在籍確認の際には会社の固定電話は必要です。事情によって勤務先に携帯電話しかないときには、審査に通るのは困難になります。

 

アコムからとは分からないように掛かってくる

アコムの在籍確認の方法は原則的に電話連絡です。実際には、アコムという社名や用件を名乗ることはなく、担当者の個人名で申込者を呼び出すという形を取ります。

 

ここで、担当者の名前を知人や友人の名前にしてもらうことはできません。これは貸金業法に規定されていることで、必ず担当者の本名を名乗ることが義務付けられています。

 

本人が電話に出なくても、電話に出た人が「ただいま外出しております」「席を外しております」などと答えれば在籍確認はできたことになります。

 

外回りの仕事が多く、会社に個人名で電話がかかってくることが非常に珍しいという職種もあるでしょう。そういった場合では時間の指定をしたくなるところですが、アコムでは原則的に在籍確認の電話連絡の時間指定は受け付けていません。あまりにも時間にこだわりすぎると、逆に怪しまれるので固執しないようにしましょう。

 

アコムは消費者金融として長年、在籍確認の連絡をしてきた会社です。人にはそれぞれの事情があることは熟知しています。同じ職種の人で、すでにアコムに同じような在籍確認の相談をしている人がいることもあり、相応の対応を取ります。

 

「トラック運転手の人ならこのようにする」「建設現場で働いている人にはこう対応する」といったノウハウが蓄積されており、第三者に発覚しないように配慮してくれます。

 

在籍確認は本審査で行われる

在籍確認の電話連絡が実施されるのは、仮審査の後です。仮審査は申込者の申告に基づいた機械的な審査です。これに通過して、担当者が実際に申し込み内容を見ながら審査するのが本審査で、このタイミングで在籍確認も行われます。

 

無人契約機の場合

アコムの公式ホームページで申し込み→仮審査→必要書類を持って無人契約機へ→本審査の申し込み→指定書類への記入や必要書類のスキャン→本審査

 

この本審査のタイミングで在籍確認が行われます。ほとんど審査が終わった状態から連絡することもありますし、審査の最初に行われることもあります。何か相談したいことがあるときには、本審査に移る前にしておきましょう。

 

インターネットで完結させる場合

アコムの公式ホームページで申し込み→自動返信メールが来る→審査

 

ネット申し込みでは、自動返信メールが来た時点で本審査に移っていることが多く、このタイミングで在籍確認も実施されます。もし在籍確認に関して伝えておきたことがあるときには、申し込みフォームを送信した直後にしましょう。

 

職場が休業日であるときに申し込みをするというケースもあります。こういったときには、後日に在籍確認をする可能性があります。土日祝日でも審査をして即日融資ができるのがアコムの強みでもあり、在籍確認ができない休業日のときでも審査に通過することはできます。

 

このときには後日に電話連絡をすることがあります。これも相談次第です。

 

自営業者・個人事業主の場合は?

会社勤めではなく、自宅をオフィスとして働いている人でもアコムに申し込みすることが可能です。このとき、在籍確認はその人の固定電話に掛かってきます。固定電話で申し込みすると、いったん電話を切ってから改めてアコムから電話が掛かってきます。

 

なかには、普段は携帯電話を利用しており、アコムからの連絡も携帯電話にしてほしいというケースもあるでしょう。そういった場合でも申し込みのときに固定電話を記入しておくと、「事務所またはオフィスを構えている」「住居情報として確かである」と判断されて信用力が上がって審査のうえで有利です。

 

インターネットの場合には、申し込みフォームを送信して2分から3分程度ですぐにアコムの担当者から連絡があります。

 

自営業者・個人事業主は収入が不安定であることが多く、審査では会社勤めの人よりも若干不利になります。そのため、なるべく固定電話を申告して信用力をアップさせておきましょう。

 

固定電話がある人は、転居率が低いというデータもあります。返済遅延による連絡がしやすいというメリットも業者側にはあります。その点でも固定電話は有利な審査要素のひとつと言っていいでしょう。

 

自営業者・個人事業主は固定電話なしでも審査可能

自営業者・個人事業主は基本的に固定電話による在籍確認を行います。担当者が指定された固定電話に連絡をしてきて、本人確認や申し込み内容の確認を行います。ただ、近年では自宅で仕事をしているという人でも携帯電話やスマートフォンしか保有していないというケースも増えています。

 

消費者金融業者のなかには、自営業や個人事業主の場合は固定電話がない時点で申し込みできないというところもありますが、アコムはそうではありません。

 

固定電話のある人よりは審査は厳しめになりますが、自営業者・個人事業主でも収入が安定していることが証明できれば、固定電話なしでも審査が可能です。こういった点もアコムは柔軟と言えるでしょう。

 

固定電話はあくまで、審査のうえでのプラス要因に過ぎません。あれば必ず審査に通るわけでもなく、ないからといって即審査落ちするわけでもありません。

 

また、アコムには法人化されていない自営業者や個人事業主向けのビジネスサポートローンの取り扱いもあります。個人消費者として申し込むのではなく、事業者として申し込みます。

 

すでにアコムのユーザーがビジネスサポートローンに切り替えることも可能です。自営業者や個人事業主の人は、一般のカードローンだけでなく、ビジネスサポートローンも検討してみましょう。

 

自営業者で固定電話がないとき

個人事業主・自営業者で自宅に固定電話がないときでも、アコムに申し込みすることはできますが、そのときには事業を行っていることを証明する書類が必要になります。確定申告書や請求書などを提示して、確かに個人事業主として働いていることを証明しましょう。

 

在籍確認の代わりとして扱われるもので、この証明書の内容で審査の可否は決まりません。あまりにも申告した内容と違っているというケースを除けば、単なる在籍確認の代用として扱われます。

 

在籍確認は返済能力の有無を確認するための作業プロセスです。自営業者の場合には、「確かに働いており、それによる収入が見込める」ということを証明するために書類を用意する必要があります。

 

個人事業主・自営業者は在籍確認の代用としての活用以外にも、確定申告書などの提出を求められやすい傾向があります。固定電話の有無に関係なく、あらかじめ書類は提出できるようにしておきましょう。

 

アコムでは希望利用限度額が50万円以内、他の貸金業者との合算で限度額が100万円以内であれば基本的に収入証明書の提出は不要ですが、自営業者はこれ以内の申し込みであっても、収入証明書を提出できるようにしておくことをおすすめします。

 

自宅に固定電話は必要?

会社に勤めている人でも、自営業者でも個人事業主でも、アコムの申し込みでは必ずしも自宅に固定電話が必要とは限りません。あるほうが審査で有利というだけで、固定電話のない人は申し込めないということはありません。

 

勤務先に固定電話がないと審査は困難になりますが、申込者本人には固定電話は引いていなくても問題はありません。若い世代を中心に固定電話を設置しないという人は増えています。

 

かつては、アパートや賃貸住宅に住んでいる人は転居の可能性が高いため、固定電話がないと審査を受けることができませんでしたが、近年は携帯電話しか持っていなくても審査は受けられるようになっています。

 

固定電話は保有しているだけで利用料金もかかりますし、家族が携帯電話で連絡を取り合うのであれば、あるだけ無駄です。そのため、通常の家庭でも固定電話の契約のないところは増えています。

 

そのため、固定電話に関しては「あれば有利だが、なくても審査に大きな影響は与えない」というだけの存在になっています。携帯電話と固定電話の両方を申告しておくというのが理想ですが、無理をする必要はまったくありません。

 

アコムの在籍確認の電話は回避できない?

相談次第で回避可能

消費者金融業者の契約のときに会社に電話の連絡が来るのは困るという人は多いでしょう。かなり昔から問題となっている部分でもあります。個人名とはいえ、できれば職場への連絡を避けてほしいというのは当然の感情でしょう。

 

消費者金融業者もそういった要望があまりにも多いために対応を取っているところも少なくありません。正社員であって社会保険証を提示できるときに限り、職場に連絡しないとする業者もあります。

 

アコムも特例ではありますが、職場への電話連絡なしで契約できるようにしています。申込者全員を対象にしているわけではありません。事前にしっかり相談しておく必要があります。

 

近年では、業者に直接連絡して相談した結果を報告する人も増えており、業者側も一応はそういった報告を放置している現状があります。それなりに調べて対処している人なら、借入や返済についても良く分かっているという認識が業者側にあると推測されます。

 

アコムについても、在籍確認の電話連絡を避けたいと相談した事例は数多く報告されています。それによると、必ずしも絶対とは言い切れないが事前に相談してくる場合には回避できる可能性を提示するという回答が得られています。

 

ただし、他社での借入がない、または非常に少ないこと、勤続1年以上の会社員であることなど、ある程度の条件があります。

 

電話連絡以外で在籍確認してくれるケース

アコムでは審査の担当者の判断で、電話連絡以外の方法で在籍確認をしてくれるケースがあります。アコムとしては申込者が申告した通りの場所で働いているという事実が分かれば良いため、在籍確認の方法は絶対に電話でなければならないとはしていません。

 

たとえば「勤務先に電話しても申し込みした本人に取り次いでくれない」「個人情報に厳しい会社で、個人名で社員を呼び出す電話は取り合ってくれない」などの場合があります。このようにやむを得ない事情があるときには、書類の提出などによって在籍確認が認められます。

 

こういった事情があって、電話連絡が難しいというときには、契約方法に合わせたタイミングで担当者に相談してみましょう。

 

  • 無人契約機→オペレーターが「これから在籍確認に移ります」などといった案内があったとき。
  • インターネット→仮審査の結果を通知するメールが送られたとき。記載されたフリーダイヤルに連絡する。

 

ネットで申し込みをして、仮審査の結果待ちをしながら無人契約機に行くという方法は効率的ですが、その間に在籍確認の連絡がされてしまいます。良くタイミングを見計らって連絡しましょう。アコムの担当者と実際に話ができるチャンスはそう多くありません。

 

書類による在籍確認が認められたら

電話連絡による在籍確認以外の方法でも良いとされた場合には、書類による確認となります。

 

アコムで提示を求められやすい書類は以下の4種類です。
  • 顔社員入りの社員証
  • 直近1ヶ月の給与明細書
  • 社会保険証
  • 雇用契約書の写し

 

ポイントは、会社名が入った公的な書類という点です。確かにその職場に在籍していることが第三者にも分かるものである必要があります。最もありえるケースは社会保険証です。会社の正社員であることの証明で、書類として通用しやすいものです。

 

申込者本人の事情を担当者自身が判断するものですので、時と場合によります。申込者が職場への電話連絡が難しいと思った場合でも、後になってアコムの担当者が日付をずらしてでも電話で連絡するというケースも多くあります。

 

いったんは社会保険証で確認し、後日電話が掛かってくるケースも多数報告されています。

 

電話連絡は困るので絶対に回避したいという場合には、アコムではなくSMBCモビットに申し込みしてみましょう。条件は多少厳しいですが、SMBCモビットは職場への連絡なしで申し込める業者です。

 

まとめ

アコムの審査では基本的に職場への電話連絡による在籍確認が必須です。事情によっては回避も可能ですが、アコムからの連絡とは分からないようにしてくれますので、なるべく応じるようにしましょう。