アコムカードの上手な使い方

アコムのローンカードの上手な使用方法

 

アコムは大手の消費者金融業者のなかでもカード発行にこだわりのある会社です。カードがあることのメリットはたくさんあるので上手にカードと付き合っていきましょう。

 

 

アコムのローンカードのメリット・デメリット

契約が分かりやすい

アコムで契約すると、必ずカードが発行されます。カードレスにはできません。カードレスは確かに便利ですが、契約でWeb完結にする必要があります。スマホで契約するのは良いとしても、アプリがスマホに残るというデメリットがあり、何かあったときに他人に発覚するリスクがあります。

 

カードがあるときも発覚のリスクはありますが、普段は誰にも知られない場所に隠しておき、必要なときにだけ取り出すようにすれば、ある意味でスマホよりも発覚しにくいとも言えます。ATM利用なら、銀行口座に履歴が残ることもありません。記帳した預金通帳から家族に発覚するというリスクが防げます。

 

また、カード発行による契約には、「分かりやすい」というメリットがあります。スマホだけで契約を完結させようとすると、書類の提示もスマホで行う必要があり、この点でハードルが高いと考える人もいるでしょう。

 

この点、アコムは自動契約機を使って簡単に契約することが可能です。自動契約機は全国各地に設置されており、契約時に分からないことがあったらすぐにオペレーターに質問できます。

 

家族バレを防ぐには、自動契約機を使おう

アコムには「Web完結」という契約方法はありません。スマートフォンだけで申し込みから融資、返済まで済ませることのできる便利な申込み方法ですが、アコムはこの方式を採用しておらず、必ずカードが発行されます。

 

申し込みも契約もWeb上で行うことができますし、会員ページから銀行振込による融資も可能ですのでカードなしでも利用は可能ですが、こういった場合には自宅に郵便でカードが届きます。アコムはカード発行に強いこだわりがあり、これを避けることはできません。

 

そのため、カード郵送によってアコムの利用が同居の家族に発覚してしまうリスクがあります。

 

そこで便利なのが自動契約機です。アコムは消費者金融業者のなかで街中に自動契約機を設置した先駆的企業で、他業者を圧倒するほどの設置数を誇っています。自動契約機での契約は土日祝日も可能で、即日発行にも対応しています。

 

多くの契約機は午前8時から午後10時まで営業しており、初回契約なら午後9時までに契約機で受付を開始すれば、即日で融資まで至ることも可能です。

 

自動契約機での手続きは、契約機に設置されているスピーカーを通じてオペレーターと話をしながら契約できます。スムーズに審査が進めば最短で30分程度、長くても1時間あれば完了します。カードがその場で発行されますので、併設されているATMで融資を受けることができます。

 

銀行振込とATMでのカードキャッシングを比較

アコムの融資の受け方として、大きく自分の銀行口座に振り込んでもらう方法と、ATMを使ってカードでキャッシングする方法の2つがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。

 

受け付け時間の比較
受付方法 受付時間 手数料
振込キャッシング ネット経由で24時間 無料
アコムATM 最長で24時間 無料
提携ATM 設置店舗による
  • 利用額1万円以下→108円
  • 利用額1万円超→216円

 

振込融資のデメリット

注意したいのは、銀行振込は受け入れ先の銀行の営業時間内でないと翌営業日にならないと振込が実行されないことです。振込の依頼はネットなら24時間、電話でもほとんど24時間自動音声で受け付けていますが、銀行の営業時間である午前9時から午後3時までにしか反映されません。

 

楽天銀行の口座だけ、ほとんど24時間365日いつでも振込キャッシングが可能です。

 

カードを使うメリット

カードを使うメリットは、ATM利用でほとんど24時間365日すぐに現金を手にできるという点です。ただし、コンビニATMなどの提携ATMは必ず手数料がかかります。ATMで手数料が無料になるのはアコムの自社ATMだけです。

 

コンビニATMは他人にアコムの利用は発覚しにくいですが、自社ATMはアコムの看板が出ていることが多いので誰かと一緒にいるときには利用しにくいでしょう。

 

履歴が残らないのはATM利用

銀行振込でキャッシングすると、口座に履歴が残ります。通帳記入すると利用先として「ACサービスセンター」という名称が印刷されます。一見すると分かりませんが、検索すればアコムだと即バレしてしまいます。

 

この点、ATMは履歴が残りません。明細書が出てくるだけなので、それを捨ててしまえばアコム利用は発覚しにくいでしょう。

 

カードを紛失したら?

再発行の前にやるべきこと

カードの紛失では、再発行の手続きを取らなくてはいけませんが、その前にどうしてもやっておかなければならないことがあります。それは不正利用を防止することです。

 

ローンカードの不正利用の被害額は年々増加しており、2016年には140億円を超える被害があったことが報告されています。一般の人が最も巻き込まれやすい犯罪のひとつと言われています。

 

カードの紛失が判明したら、すぐにアコムの総合カードローンデスクに連絡しましょう。そのときオペレーターに「カードを無くしました」と伝えます。不正利用を防ぐため、すぐに利用停止の処置を採ってくれます。不安であれば、このときに借入残高を聞いておき、すでに不正な利用がないかどうかも確認しましょう。

 

アコムに限らず、クレジットカードを含むすべてのカードは「紛失の報告電話を切った瞬間」に利用ができなくなります。後から発見されても、もうそのカードは使えません。

 

アコムに連絡した後は、近くに警察署に連絡しましょう。110番で構いません。警察に届け出ることによって「カードを紛失した」という事実を証明できます。もし不正利用が発覚したときには損害金の補償に関わります。アコムへ連絡しただけで安心せずに必ず警察にも届けを出しましょう。

 

暗証番号に注意

アコムへの契約申し込みでは、カードの暗証番号を設定します。カードが発行されると、その番号を使ってATMで借入が可能になります。注意すべきなのは、他人に推測されやすい数字にしないことです。

 

カードを紛失したときに、不正利用につながるリスクが高まります。

 

以下のような暗証番号を設定している場合には、カード紛失時の不正利用を未然に防ぐためにも、なるべく早めに番号を変更しましょう。

 

  • 自分の生年月日の数字(西暦、和暦、年月日の組み合わせ)
  • 自宅の電話番号、携帯やスマホの番号の数字
  • 同じ数字を4つ並べるもの

 

良くある事例として、誕生日をそのまま暗証番号にしているケースがあります。カードの不正利用を働く犯罪者にとっては、誕生日の組み合わせが最も推測しやすいと言われており、絶対にこの番号にしないよう金融庁などから通達も出ています。

 

近年では警察官やアコムの社員になりすまして「カードを不正に利用された疑いがあります。暗証番号は何に設定していますか」と言って番号を聞き出す詐欺の手口が発生しています。警察やアコムが電話で暗証番号を聞くことは絶対にありません。不審な電話だと思ったらすぐに電話を切って、アコムと警察に確認を取りましょう。

 

再発行の方法

アコムのカードを再発行する方法には、

  1. 店頭
  2. 自動契約機
  3. 郵送

の3つの方法があります。

 

自動契約機での再発行が最も手間がかからない方法でしょう。手続き可能な時間は午前8時から午後10時までです。利用時間は一部で異なることがあるので、事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。

 

店舗で再発行するのも簡単ですが、店舗の営業時間内に行く必要があります。営業時間は平日の午前9時30分から午後6時です。郵送でも再発行できますが、やり取りには時間がかかります。急ぎで再発行を希望するには自動契約機が良いでしょう。

 

契約時には電話でカード発行できますが、電話での再発行はできません。また、ネットの会員ページからも再発行はできないので注意しましょう。

 

再発行に必要な書類

再発行に必要なのは本人確認書類だけです。運転免許証や健康保険証、マイナンバーカード、パスポートなどが使えます。ただ、以下のようなケースでは併せて「公共料金の領収書」「税金の領収書」「社会保険料の領収書」などが必要になることがあるので注意しましょう。

 

  • 引っ越しなどで現住所と本人確認書類に記載された住所が異なっている。
  • 顔写真付きの本人確認書類ではない。

 

本人確認書類として最も手軽で便利なのは運転免許証です。顔写真入りの公的書類として、おおよそすべての金融機関で通用します。パスポートも顔写真が入っていますので、通用しやすい書類です。健康保険証しかない場合には、発行から3ヶ月以内の公共料金の領収書などが必要になります。

 

確かにその住所に本人が居住していることを証明する必要があります。また、請求書では通用せず、領収書でないといけないという点も注意しましょう。

 

最短即日で可能

再発行はなるべく急ぎましょう。「いつかどこかで見つかるだろう」と思っていると、不正利用されてしまうリスクが高まります。店頭や自動契約機では即日で再発行されます。

 

再発行にかかる時間
方法 かかる時間
アコムの店頭窓口 即日
自動契約機 即日
郵送 2週間程度

 

郵送は時間がかかりますし、同居の家族に発覚しやすいので急ぐときには店舗か自動契約機に行きましょう。営業時間は事前に調べておく必要があります。

 

再発行には324円の手数料がかかります。どの方法を選んでも同じ金額です。手数料は返済するときに支払い金額から充当されます。次の返済時には利息と手数料を差し引いた額が元金に充当されることになっています。別途支払う必要はありません。

 

急ぎで借りたいときは

再発行には手間も時間もかかります。店頭や自動契約機が自宅から遠いケースや、今すぐに現金が必要というケースもあるでしょう。アコムは手元にカードがなくても借入できますので、急ぎの用立てに利用しましょう。

 

カードが手元にないときには振込融資という形で借入します。振込融資を依頼するには2種類の方法があります。

 

インターネットの場合は、会員ページにアクセスして「振込融資のお申し込み」から振込を依頼します。電話の場合は、アコムのプッシュホンサービス(自動音声)か担当者受付のどちらかに連絡します。

 

振込融資対応時間
曜日 受付時間 振込の実施時間
月曜日 午前0時10分~午前8時59分 当日の午前9時
午前9時~午後11時49分 受付完了から約1分後
火曜~金曜 午前0時10分~午後11時49分 受付完了から約1分後
土日祝日 午前0時10分~午前8時59分 当日午前9時30分ごろ
午前9時~午後7時59分 受付完了から約1分後
午後8時~午後11時49分 翌営業日午前9時30分ごろ

 

アコムのACマスターカードってどうなの?

アコムACマスターカードの概要

入会費・年会費 無料
審査 最短30分
ショッピング実質年率 14.6%
ポイント還元率 0.25%
発行スピード 最短1時間程度
ショッピング利用限度額 300万円

 

【特徴】
  • アコム発行ですが、券面に「アコム」の文字やロゴはありません。
  • 決済ブランドは世界で通用するMaterカード。
  • 消費者金融業者系列のカードなので、キャッシングに強い。キャッシングの限度額は最高で800万円。
  • リボルビング払い専用、ETCカードは付帯しません。
  • ボーナス払いには未対応。
  • 海外でのショッピングに利用可能。

 

【2種類のカード】
  1. カードローン付きタイプ

    Masterカードのクレジット機能にアコムのローンカード機能を付帯したタイプのカード。カードローンを使うときの実質年率は4.7%から18.0%になります。

  2.  

  3. ショッピング専用

    ローン機能が付帯しないクレジットカードも発行できます。リボルビング払いが前提で、デビット機能は付きません。

 

4つの申し込み方法

ネット申し込み

通常のカードローンと同様にインターネットから申し込みが可能です。ネットで申し込みをした後、審査の通過を確認したらACマスターカード発行機に行くと最も早く発行できます。ショッピングカード専用を希望する際には申し込みの際に通知しましょう。

 

電話申し込み

アコムのフリーダイヤルに連絡して申し込むこともできます。自宅にいながら相談ができます。カード利用に不安がある人にも申し込みできます。ただ、申し込みはできても契約までに至ることはできません。契約するためには、自動契約機に行くか、Faxを使うことになります。セブンイレブンのFaxを使うこともできます。

 

自動契約機

一部の自動契約機でACマスターカードに対応しています。アコムの公式ホームページで「マスターカード発行機あり」を選択すると検索できます。

 

店頭

アコムの店舗で申し込むこともできます。必要書類に記入して提出します。メリットは対人ですので相談しながら申し込みができるという点です。

 

審査は最短即時

ACマスターカードは審査が早いというのが大きな特徴です。通常のクレジットカードは審査に時間がかかることが多く、即日発行には対応していないことが多いですが、このカードは自動契約機を使えば即日で発行されます。

 

申し込み条件は以下の3つです。
  1. 20歳以上である。
  2. 安定した収入がある。
  3. 5年から10年以内に金融事故を起こしていない。

 

ショッピング専用カードのほうが通常のアコムのカードローンよりも審査に通りやすい傾向があります。消費者金融業者の発行するカードですので、銀行のクレジットカードよりも審査に通りやすいカードです。

 

審査は最短で30分程度です。これは消費者金融業者ならではの大きな強みと言っていいでしょう。消費者金融業者でクレジットカードの取り扱いのあるのはアコムだけです。そのため、クレジットカードのなかでは最速と言っていいくらいに審査の早いカードと位置づけられています。

 

最短で即日発行

審査が非常に早く終わるため、自動契約機を使うと当日中にカード発行も可能です。

 

注意点
  1. 自動契約機なら即日発行可能で土日祝日、夜間にも対応。営業時間は午前8時から午後10時。
  2.  

  3. すべての自動契約機がACマスターカードの発行に対応していない。対応しているのはおよそ300台。自動契約機は全国に1000台以上あるが、そのうち一部なので事前に検索して調べる必要がある。

 

ショッピングは自動的にリボ払いになる

ACマスターカードで注意したいのは、ショッピング利用で自動的にリボルビング払いになるという点です。他のクレジットカードなら翌月一括払いや回数指定の分割払いも選択できますが、このカードではどのような利用方法でもすべてリボ払いになります。

 

追加返済をしないと一括返済できないという点は多少の不便があります。

 

リボ払いは、一定額を毎月支払っていく返済方式です。たとえば毎月1万円と決めたら、その額はずっと変わりません。利用額が増えると、その分だけ返済が延びるというのがリボ払いです。

 

支払いが長引けば、それだけ支払う利息が大きくなります。

 

毎月の負担が変わらないので、利息を支払う期間が長くなって総返済額が増えるというのがリボ払いのデメリットです。つい使いすぎてしまい、気がつくと借金の額が膨れ上がるというのが、リボ払いで注意すべきことです。ネットでは良く「リボ払いは怖い」と語られますが、その原因はこういった点にあります。

 

リボ払いで5万円をACマスターカードで毎月の最低額を支払うシミュレーション
リボ払い回数 支払額 利息 残高
1回目 2,000円 600円 4万8,600円
2回目 2,000円 583円 4万7,183円
3回目 2,000円 566円 4万5,749円
4回目 2,000円 548円 4万4,297円

 

合計で53回払いで支払総額は6万4849円となります。一括払いを選択すれば5万円で済むところ、リボ払いを選択すると約1万5000円も余計に支払う結果になります。

 

海外でのキャッシングにも対応

アコムACマスターカードの強みは、海外キャッシングが可能という点です。セディナやライフカードなど多くのクレジットカードが海外キャッシングできますが、即日発行で海外でお金を引き出せるカードというのは非常に珍しく、いきなり海外出張などが決まったときなどに大いに利用価値があります。

 

海外キャッシングをすると以下のような手数料がかかります。
  1. 為替レートへの上乗せ:通常は0.1%から1.5%
  2. ATM手数料
  3. 利息

 

この3点において、アコムACマスターカードは他のクレジットカードよりも有利と言われており、使い勝手の良さから人気があります。

 

まとめ

アコムのローンカードにはメリットもデメリットもあります。アコムの利用では必ずカードが発行されるので対応を考えておきましょう。紛失時にはすぐにアコムに連絡する必要があります。