アコムの審査内容は?ネット申し込み方法から審査まで隈なく調査!

アコムの審査は緩い? 厳しい?

アコムは消費者金融業者のなかでも最大手と言ってもいいほどに利用者数・新規顧客数の多い業者です。

 

テレビCMや電車の車内広告でも頻繁に見かけますし、Youtubeの広告動画も話題になりました。審査についても独特な基準を持っています。

 

 

アコムの審査の基本知識

→ アコムの申込はこちら

 

申し込みから審査への流れ

アコムは大手の消費者金融業者のなかでもユーザーの多い業者として知られており、初めてお金を借りるという人が利用しやすいと言われています。それだけに多種多様な人たちが申し込んでくるため、利便性の向上ののために各種の申し込み方法を提供しています。

 

  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機
  • 店頭申し込
  • 郵送

など様々な方法がありますが、おすすめはインターネット申し込みです。24時間365日受け付けています。

 

審査時間は平日の午前9時から午後9時までですが、夜のうちに申し込んでおくと翌日優先的に審査を始めてくれます。

 

インターネット申し込みの流れ
  1. アコムの公式ホームーページにアクセスして「今すぐお申し込み」をクリック(またはタップ)。
  2. 申込画面に必要事項を入力して送信。
  3. アコムからの本人確認の連絡がある。
  4. 審査開始。必要に応じて本人確認書類や収入証明書を提出。
  5. 審査結果の回答。メールまたは電話。
  6. 契約手続き
  7. 郵送か店頭、自動契約機でローンカードを受け取る。
  8. アコムATMや提携ATMからカードを使って借入。

 

インターネットを利用して申し込みをしてから契約すると時間短縮にもなります。まずはインターネットで仮審査の結果の通知を受けてから自動契約機に行って、そこで書類を提出するという形にすると、素早く終わります。

 

アコムの自動契約機のほとんどにはATMが併設されているので、そこで借入可能です。早ければ申し込み開始から1時間程度で現金を手にできます。

 

「3秒診断」で事前に確認できる

申し込みする前にアコムでおおよその審査の可否が確認できる方法があります。公式ホームページある「3秒診断」という方法です。これは本格的な審査ではありませんが、審査に通るかどうか不安な人のために借入可能かどうかを診断してくれるものです。

 

消費者金融業者の審査は、「審査を受けた」こと自体が個人信用情報機関に記載されます。もし審査で否決されて別の業者に申し込みをすると、「他でも審査を受けているのだから、よほどお金に困っているのだろう」と判断されて審査が慎重になってしまう可能性があります。

 

そのため、審査を受けることをためらってしまうこともあります。そのために、まずは申し込み前にどの程度大丈夫かを判断してもらいましょう。

 

入力する項目は以下の3つです。
  1. 年齢
  2. 年収
  3. 他社の借入状況(消費者金融業者からの借入・銀行は除く)

 

入力すると以下の2つのうちいずれかが表示されます。
  1. 「お借入できる可能性が高いです」
  2. 「ご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした」

 

2番目が表示された場合は、実際にアコムに申し込みをしても審査は否決される可能性が高いです。かといって1番目が表示されたら必ず通るとも限りませんが、ある程度の判断材料にはなるでしょう。

 

また、この3項目はアコムが審査で重視している内容であることにも注目しておきましょう。申し込みのときに何歳なのか、本人にどの程度の収入があるのか、また他社でどれだけ借りているのかというのが、アコムが審査で重要と考えていると推測できます。

 


→ アコム 3秒審査はこちら

 

審査基準

アコムに申し込みできる条件は以下の3つです。

  1. 申込時の年齢が満20歳から69歳
  2. 安定した収入があり、返済能力があること
  3. アコムの審査基準を満たしていること

 

年齢と収入の安定性は絶対的な条件と言っていいでしょう。その他の「アコムの審査基準」というのが気になるところです。

 

アコムでは個人情報を「属性」として点数化して、その人のスコアを算出して総合点で審査の可否を決めるという「スコアリング審査」というものを実施しています。スコアが一定基準以上であれば審査に通過させて、それ以下のときには否決または借入条件を制限するというものです。

 

個人属性として数値化されるものは主に以下の9つです。
  1. 年齢
  2. 勤続年数
  3. 職業、勤務先
  4. 雇用形態
  5. 年収
  6. 居住年数
  7. 居住形態(賃貸か持ち家か)
  8. 家族構成
  9. 固定電話があるかどうか

 

これらの要素に数値を付けて総合点で判断します。たとえば雇用形態は正社員が最も点数が高く、契約社員、派遣社員がそれに続き、アルバイトやパートは低めの得点となります。

 

正社員でなければ審査に通らないということではなく、他のスコアを合算して審査に通すかどうかを決定していきます。

 

たとえばアルバイトの一人暮らしで低収入、勤務を始めて1ヶ月というマイナス要素が多ければ審査では大いに不利です。

 

信用情報による審査

信用情報というのは、個人がそれまでにどのように金融機関を利用してきたかという実績のことです。貸金業者やクレジットカード、銀行のカードローンなどを利用してきた履歴を信用情報と呼んでいます。

 

個人信用情報機関は日本に3つがありますが、そのうちアコムはJICCとCICという2つの機関に加盟しています。JICCは主に消費者金融が加盟しており、CICは主に信販会社やクレジットカード会社が加盟しています。

 

これは勝手に閲覧して良いというものではなく、申込者の同意を得ることが義務付けられています。アコムに申し込みするときに、「弊社が個人信用情報機関の情報にアクセスすること」に同意するページが必ずあります。そこに同意することで初めてアコムは情報機関にアクセスできます。

 

情報機関には申込者の過去の支払い状況や現在の他社利用実績が登録されています。過去の支払い状況として注目されるのが、自己破産や任意整理などの法的な債務整理を行ったことがあるかどうかという点です。また、カードローンやクレジットカードななどの返済で3ヶ月以上の返済遅延があったかどうかを確認されます。

 

このような金融トラブルがJICCやCICに登録されていると、申込者のスコアがいくら良くてもアコムは審査を否決します。現在の他社からの借入状況も確認できますので、申込み時に見栄を張って他社からの借入金を低めに申告しないようにしましょう。

 

在籍確認はほぼ必ず実施

アコムでは、在籍確認を必ず実施します。申込者が申告した通りの職場で働いているかどうかを確認する作業で、主に職場への電話連絡によって行われます。

 

在籍確認は申込者の申告内容を確かめるというだけでなく、本人の返済能力に関わる調査という位置づけです。本人が申告した職場で働いているという事実が確認できなければ、返済するための原資となる給料をもらっていないと判断され、審査を否決します。そのため、在籍確認はアコムの借入審査では欠かせません

 

在籍確認は基本的にアコムの担当者が個人名で職場へ連絡します。そのときに本人が電話に出る必要はなく、電話に出た人が「今席を外しております」「本日はお休みを取らせていただいております」などと返答すれば確認が取れたことになります。

 

ほとんどの場合で審査の最終段階で行われ、そのため確認の時間が遅くなって職場の人たちが全員帰社していて誰も電話が取れないという事態もありえます。申し込みそのものが土日休日である可能性もあります。このときにはアコム側の判断で柔軟に対応します。

 

とりあえず契約だけ済ませるということもありますが、それでも必ず後日電話が掛かってきて在籍確認は実施されます。

 

回避することは困難ですが、アコムは第三者に分からないように充分に配慮してくれます。

 

最短30分

アコムの審査は非常にスピーディです。最短で30分となっており、その結果によっては申し込み当日に即日融資も可能です。

 

申し込みから審査、在籍確認などがスムーズに進めば、申し込み方法がインターネットであろうと自動契約機であろうと変わりません。この点もアコムのメリットと言えます。ただし、アコムの審査回答時間は午前9時から午後9時です。確実にその日のうちに融資を受けたいという人は早めに行動しましょう。

 

おすすめなのは、前日の夜の時間に申し込みだけしておくという方法です。自宅で個人情報を確認しながら間違いのないように落ち着いて入力し、翌日に出社して朝に掛かってくる在籍確認の電話に対応します。

 

スムーズに進めば、午前のうちに審査結果が出ます。会社から最寄りの自動契約機でカードを発行してもらえば、もう現金を手にできます。消費者金融業者のメリットはこのような小回りが利くことで、銀行のカードローンと比較すると段違いにスピーディです。

 

アコムと他業者の審査基準を比較すると

返済能力・信用情報に問題なしなら心配無用

どのような消費者金融業者であっても、返済能力に問題がなく、個人信用情報機関にネガティブな情報が登録されていなければ審査には通ります。

 

この点はアコムも変わりありません。おおよそ以下の条件を満たしていれば、どの業者を選択しても審査には通過します。

 

  • 年齢制限を満たしている(アコムの場合には満20歳以上69歳まで)。
  • 毎月数万円程度でも収入があり、数千円ずつ毎月返済していける程度の能力がある。
  • 他業者や銀行で大型のローン(住宅ローンやマイカーローンなど)を組んでいない。
  • これまでクレジットカードやローン、分割払い、携帯電話料金などで長期間の延滞(2ヶ月以上)をしたことがなく、強制解約にあったこともない。

 

注目すべきなのは、過去に金融機関とのトラブルを起こしたことがないなら、収入そのものは低くても審査には通るという点です。実際に月収が10万円未満のフリーターでも審査に通過できたという事例は数多く報告されています。

 

初めて消費者金融業者を利用するという人で、クレジットカードでの買い物で延滞したことがなければ、ほとんど100%と言っていいくらいに審査には通ります。

 

多少の信用情報の傷があっても可能性あり

アコムの審査の特徴として、これまでに多少の信用情報に問題のある人でも審査に通すということがあります。信用情報にはクレジットカードの返済状況やローンの支払い、携帯電話料金の利用履歴などを含みますが、こういった金融関連で何か問題を起こしたことがあると、審査で不安を感じるでしょう。

 

たとえば延滞です。通常、クレジットカードの支払いでは61日以上の遅れがあると信用情報機関にネガティブ情報の「延滞」が登録されます。このとき、消費者金融業者の審査には通らないというのが通説ですが、アコムは「信用情報に問題あったが通った」という報告が多い業者です。

 

ごく一部の利用者の報告ですが、アコムは審査で柔軟に対応していることがうかがえます。

 

他社借入が多いと不利

信用情報に多少の問題があっても審査に通過させるという報告の多いアコムですが、他社からの借入については厳しく見ていると推測されています。

 

消費者金融業者に対しては総量規制という法律が適用されます。これは年収の3分の1以上の貸し出しはしてはならないとする法律ですが、アコムはこれをかなり厳格に適用していると推測されています。

 

たとえば年収が300万円の人は100万円までしか借入できません。逆に言うと、それ以内なら審査に通って良いはずですが、これに抵触していないのにアコムの審査に通らなかったという報告もあります。これはたとえば年収がとても低い(200万円以下など)人が総量規制ギリギリで申し込んでいる状況が考えられます。

 

収入が低いほど、返済に回せる額の割合も減るはずですので、その点をアコムは重視していると考えられます。

 

個人属性以外で判断している?

もうひとつ、アコムの審査で良く言われることに「個人属性以外の部分で判断している」という点が挙げられます。個人属性は年収や雇用形態などを指します。これを数値化して審査するのがスコアリング審査です。

 

大手であるアコムには新規の申込者も多いため、次々に審査をこなしてくために、スコアによって機械的に審査していてもおかしくありませんが、どうやらそれ以外の要素も審査に加味していると言われています。

 

アコムの審査で寄せられた報告

 

「任意整理をして信用情報機関にネガティブ情報がしっかり残っているのに、個人的な事情を説明したら10万円貸してくれた」

 

 

 

「パートで月収5万円しかなく、債務整理をした後だったのに契約してくれた」

 

 

 

「他社で断られた直後に近くにあったアコムに行ったらすんなり審査に通った」

 

 

このような報告は多数寄せられています。ただし、こういった結果報告には大きなブレもあるので、ブラックでも通るとは一概には言えません。

 

アコムの審査で、電話によって細かい部分にまで踏み込んで聞き取りされたという事例は非常に多くあります。お金が必要な事情や、会社の事業内容、取引先の情報、本人確認のために干支を聞く、家族構成を細かく聞くなどといったことです。

 

信用情報にネガティブ情報があるとき、なぜそうなったのか理由を訊かれたという報告もあります。アコムの方針は「なるべく貸す」ことです。そのため、担当者によっては申込者の置かれた状況や真剣に返済する意志があるかどうかを聞こうとしていると推測できます。

 

もし、個人的なことまで詳しく尋ねられたらムッとすることなく、誠実に答えましょう。

 

有人店舗のほうが審査に通りやすい?

一部の審査に不安のある人たちには、「有人店舗で申し込むと審査に通りやすい」という噂がささやかれています。これには一定の信憑性が認められます。

 

というのも、アコムの担当者に直接会って面談したうえで申し込みをしているので、機械的な判断ではなく担当者が審査の結果に関わっているからです。

 

電話やインターネットではなく、店舗に足を運んで自分の話を聞いてもらい、そのうえで審査してもらうという方法に効果が期待できるのも当然と言っていいでしょう。対面で事情を話すことによってお金に困っていることも分かってもらえる可能性がありますし、また「必ず返す意志がある」ことを熱意を持って話すこともできるでしょう。

 

返済能力は高くないが、どうしてもお金が必要で、そのお金はちゃんと返済するということを分かってもらいたい場合には、有人店舗を利用するもの良い方法です。大手の貸金業者ではたとえばレイクALSAは有人店舗がありませんし、ノーローンにもありません。

 

アコムとプロミス、アイフルの3社は有人の店舗を持っており、しかもアコムは全国に22箇所も設置しています。法律で有人店舗には貸金業取扱者という国家資格を持っている人を配置することが義務付けられているので、相談するだけでも価値があります。

 

個人属性が弱い人でもアコムの審査に通過できる

→ アコムの申込はこちら

 

とにかく職業に就いていること

アコムは極端に収入の低い人でも審査に通過できる業者として非常に好評です。たとえば、10万円で契約して借入したとき返済期間は最も長い場合で46回、毎月の返済額は5000円です。このお金さえ用意できる状態なら、アコムの審査には通過できる可能性が高いと言われています。

 

毎月5万円しか収入のないアルバイト学生でも審査に通ったなどの事例は数多く報告されています。

 

アコムの審査は担当者の裁量で決まりやすいとも言われており、個人属性の弱い人に対して様々な質問をしてくるときに真面目に真剣に答えると心象がよくなって審査に通過できるという側面もあります。

 

前提としては、何らかの職業に必ず就いていることです。収入は少なくても構いません。他社借入の件数や借入額は考慮されますが、まずはしっかりと収入があることが条件です。収入源が不労働所得の場合には、アコムは利用できません。

 

年金暮らしの人は申し込み不可となっています。アルバイト学生(※20歳以上でご本人に安定した収入のある方)やパート主婦、水商売、自営業者、極端に低収入といったケースでも相談次第で貸してくるのがアコムです。

 

属性の弱い人でも通過できた事例がある

消費者金融業者の審査では「個人属性」が審査されます。たとえば雇用形態では正社員や公務員が最も審査で有利で、派遣社員や契約社員などがそれに続きます。

 

アルバイトやパートという雇用形態は属性としては弱いと判断されます。

 

とはいっても、アコムの審査については以下のような事例が報告されています。

 

「個人事業主で年収が200万円程度しかなく、他社からの借入があるのに審査に通った」


 

「正社員だが、他社借入件数が3件ある。この状態で審査通過できた」


 

「延滞したことが何度かあり、他社での審査で否決されたのにアコムの審査は通った」


 

「登録制の派遣社員で、まだ働き始めて1ヶ月なのに審査に通った」


 

「週に3回の塾講師のアルバイトで月収10万円なのに30万円の枠をもらった」


 

「パートで月収が5万円、債務整理して5年経ってないのに審査に通った」


 

月収5万円は年収60万円しかなく、しかも債務整理5年以内というのは100%ブラックリストに載っています。ところがアコムでは審査に通過しています。

 

もちろん、他の属性で強いものがあったことが推測されますが、それでも収入や職業、信用情報といった要素以外の部分を重視しようとするアコムの姿勢は感じられます。

 

プライバシーについての質問が多い

アコムに申し込みをすると、すんなり審査が進む人もいれば、担当者から「申し込み内容の確認」という理由で掛けてきた電話で、様々なことを訊かれる人もいます。

 

通常の確認電話では、本人が確かに申し込みしたのであって、他人のなりすましではないことを確認し、申し込み内容を担当者と確認するだけで終わりますが、アコムはこのタイミングで様々にプライベートに関わる質問をしてくることがあります。

 

これは、内容の確認だけでなく、属性が弱いために他の要素で審査に通そうとしていると推測されています。

 

実際にアコムから尋ねられたという内容には以下のようなものがあります。
  • 「なぜお金が必要なのか」
  • 「家計のやりくりは誰がどうやっているのか」
  • 「経済状況の具体的な内容」
  • 「1ヶ月の家賃はいくらか」
  • 「毎月クレジットカードにいくら支払っているか」
  • 「クレジットカードの返済はいつ終わりそうなのか」
  • 「具体的な仕事の内容」
  • 「(営業職の場合)取引先はどこになるのか」
  • 「前職は何をしていたか」
  • 「実家の連絡先」

 

かなりしつこく質問されてイライラしてしまったという報告は多数あります。これは、返済に遅れて催促したときに激昂してキレてしまう人かどうかを確認しているとも推測されています。

 

質問には真剣に答えよう

アコムの審査ではプライベートに関わるような質問を細かくしてくるケースがあります。返済能力を判断するための質問ですが、アコムに申し込んだ人からは非常に評判が悪いです。

 

実際は、審査のうえで不安要素があるときには、この質問ラッシュがチャンスにもなります。そもそも審査しても通過する可能性がゼロなら、聞き取りは不要でしょう。申し込みした後に「残念ながら」と否決メールを遅れば済むことです。

 

しつこく質問されるということは、答えによっては審査に通過できると期待できるという意味です。

 

たとえば、「この給料で、他社返済もあるのに生活はどうしているのか」と訊かれたときに「親から仕送りしてもらっている」とか「内縁で夫がいて、彼が支払っている」など個人的な事情を答えましょう。

 

遊ぶためのお金を借りるために契約を希望する人よりも、歯医者に通っていて治療費がかかったとか、親が高齢で様子を見に行くための旅費がかかっているなどと答える人のほうが、後からきちんと返済してくれるだろうと判断されます。

 

そのため、訊かれた質問にはしっかり答えましょう。「しつこいな」と思ってイラっとしても、真剣に真面目に答えるようにすることが大切です。アコムの担当者は毎日何人もの希望者と受け答えをしています。いわば人の嘘やごまかしを見抜くプロとも言えます。

 

そのため、質問には丁寧に社会人らしい口調で答えることが大切です。

 

最低限の条件はクリアしよう

審査である程度柔軟な姿勢で対応してくれるアコムですが、それでも最低の条件はクリアしましょう。年齢制限に引っかかったり、そもそも収入がなかったりしては、まったく審査に通過できる可能性はなくなります。

 

  • 満20歳以上69歳以下である
  • 毎月収入がある(数万円程度で良い)
  • 消費者金融業者とクレジットカードのキャッシング枠の借入額の合計が年収の3分の1以内である
  • 過去6ヶ月以内にアコムに申し込みしていない
  • 過去にアコムやアコムが保証会社となっている金融機関で長期延滞などの問題を起こしていない

 

これらの条件を満たしていれば、少なくとも聞き取りの段階には至ることができるでしょう。後は、審査に不安のある部分でどれだけ自分の状況を的確に伝えることができるかという問題です。

 

まとめ

アコムは審査に柔軟性を持たせて「なるべく貸す」という方針の会社です。個人属性の弱い人や、収入が低い人でもチャンスはあります。申込時の質問にはしっかり受け答えをしましょう。

 


→ アコムの申込はこちら

アコムの審査内容は?ネット申し込み方法から審査まで隈なく調査!記事一覧

アコムに限らず、消費者金融業者に申し込むときに掛かってくる在籍確認の電話は悩みどころのひとつでしょう。これは申込者が本当に申告した通りの職場で働いているか確認するものですが、消費者金融を利用していることが発覚してしまうリスクがあるため、できれば「なし」で済ませてたいところです。アコムから電話が掛かってくるタイミング申し込み後の本人確認アコムから電話がかかってくるタイミングとして、避けられないのが申...

アコムは多彩な返済方法がありますが、一方で分かりにくく使いづらいサービスもあります。利用の仕方しだいでは返済が楽になるものもありますが、アコムのユーザーでも知らないサービスも数多くあります。アコムの返済方法6つの返済方法があるアコムは多彩な顧客層をターゲットとしているため、返済方法も様々に用意しています。「お金を返す」方法として考えられる限りの方法を揃えていると言ってもいいでしょう。それぞれの特徴...

アコムは三菱UFJファイナンシャルグループが運営する消費者金融業者です。一方、レイクALSAは新生銀行を運営する新生ファイナンシャル株式会社の個人向け融資担当という立ち位置です。多くの共通点のある2社ですが、知名度や成約率のアコム、利便性のレイクALSAという違いがあります。知名度と審査通過率で比較アコムは新規申込者が多い大手のデータ経営研究所が2018年にカードローンの借入に関する大規模な調査を...

アコムは大手の消費者金融業者のなかでもカード発行にこだわりのある会社です。カードがあることのメリットはたくさんあるので上手にカードと付き合っていきましょう。アコムのローンカードのメリット・デメリット契約が分かりやすいアコムで契約すると、必ずカードが発行されます。カードレスにはできません。カードレスは確かに便利ですが、契約でWeb完結にする必要があります。スマホで契約するのは良いとしても、アプリがス...

利用限度額の増額は、枠いっぱいにまで借入していて新たに融資を受けたいときや、限度枠以上の現金が緊急で必要なときなどがあります。アコムでは申し込みによって利用限度額の増額をしてもらうことも可能です。アコムの増額申し込み前に確認しておこうアコムの基本的なスペックアコムで増額してもらう前に、まずはアコムのカードローンの基本的なスペックを確認しておきましょう。利用限度額1万円~800万円金利3.0%~18...

アコムはスマートフォンで使える「アコムナビ」というアプリを提供しています。iPhoneでもAndroidでも利用可能です。利用料金は通信料以外は無料になっています。アコムのアプリ「アコムナビ」で出来ることアコムはネット経由でいつでも申し込みが可能アコムは申し込みで多くの方法を提供しており、他の業者と比較してもやり方は多彩です。店頭申込も可能ですし、郵送のやり取りだけでも申し込みできます。電話1本で...

アコムは数多くのコンビニATMと提携しており、おおよそ全国どこのコンビニで使うことができます。ただ、アコムの自動契約機に併設されているATMなどとは違う点もあり、借入・返済でコンビニATMを使うには注意が必要です。アコムと提携しているコンビニは?一覧で見てみようアコムは数多くの銀行ATMやコンビニATMと提携しています。コンビニATMは最も夜遅くまで利用できるので便利です。大手コンビニと提携してい...

消費者金融業者や銀行のカードローンを利用するうえで気になるのが「金利」です。大手の消費者金融業者はおおよそ同様の金利設定になっています。アコムでは初回利用に限り、金利が30日間ゼロになるキャンペーンを提供しています。アコムの金利設定利用限度額によって変動するアコムのカードローンは、利息制限法にのっとった金利が設定されています。この法律は借入金額に対する金利を定めた法律で、利用限度額に応じて金利上限...

アコムの借入で注意したいのは、最後に借入した利用残高によって毎月の最低返済額が決められて、以後の借入がない限りそれが変わらないという点です。計画的に返済していくには残高を確認しておくことは重要です。アコムの残高の確認方法会員ページアコムに申し込みをして審査に通過すると「アコム会員」という扱いになります。会員にはそれぞれ、アコムの公式サイトからアクセスできる個人の「マイページ」が提供されます。ここか...

アコムは、自動契約機に併設されているATMだけでなく、コンビニや三菱UFJ銀行のATMで借入・返済が可能です。提携ATMの種類や営業時間、手数料などを覚えておくと便利です。アコムで利用できる3種類のATM自社ATMアコムのカードローンで利用できるATMには、アコムが自社で設置しているATMやコンビニATMなどがあります。自社ATMは、自動契約機の「むじんくん」のほとんどに併設されているもので、一部...

学生でも条件次第でアコムからお金を借りることが可能です。一定の制限はありますが、上手に利用すれば生活に役立つでしょう。学生ならではの注意すべき点もあります。学生でも借りられる?三菱UFJファイナンシャルグループであるアコムは大手の消費者金融業者で、電車の車内広告やYoutubeなどの動画サイトでのCMも数多く出している企業です。元来は呉服店で、創業者が高価な反物を買うどうか迷っていた娘に「いったん...